キングダム 620。 キングダム【620話】考察!朱海平原の戦いで進行中の一騎打ちや戦況を再確認!今後の流れを考察!

ここで龐煖が討たれてしまえば即時離脱ですぐさま和睦の申し入れとなるのでしょうか。

19

だから、羌瘣の体は器に過ぎず、お前自体が強くなったわけではないと言いたいのでしょう。 信は連戦続きで気力体力ともに消耗しています。 「まっ待て、岳雷!我呂! 闇雲に突っ込むな」 楚水が言う通り、このまま突っ込んだところで勝てる相手ではありません。

13

たくさんの犠牲を払って、李牧本陣に辿り着いた飛信隊。 信は王賁の想いを受け取り動き出しました。 龐煖がこの朱海平原に沈む可能性はそもそもあるのだろうか。

6

原泰久『キングダム』680話より引用 「さすがお頭」って言っているくらいの何かエグイ策がありそうですので、形勢逆転を楽しみにしていましょう。

15

「命を投げ出すほどに 深いところまで・・・」 原泰久『キングダム』621話より引用 まるで暗闇の海へ沈んでいくかのように、羌瘣は意識を深めていきます。

11

龐煖のまたがる馬の足元には、無残にも矛によって輪切りにされた去亥の上半身が横たわっています。 雷土も「お前にそんな大事なことを…」と疑いますが、ふとオギコの身体が傷だらけなことに気づきました。 龐煖の咆哮に体が震えだす尾兵(びへい)と昂(こう) 昂は尾兵に「この感じ」と聞き、尾兵も、間違いなく龐煖が出たと言います。

12

今までの速さでは対応出来ない状況で羌瘣は更に深く潜っていきます。 逆に龐煖はここで死ぬのが自然 龐煖 ほうけんの場合はここで死んでしまうほうが歴史的には正しいです。 原泰久『キングダム』680話より引用 その時、突如桓騎が天幕から出てきて摩論に「ちょっと話がある」と言います。

11

王翦の部隊が包囲を抜け出した事で危機を脱した王翦ですが、 李牧が布陣している丘を見て決着が付いていない事が分かります。 行っても多分、何もできないけど、信のために、行かないと・・・と尾兵は言います。 「いけ、羌瘣!」 「いけっ、いけェっ」 ところが、羌瘣の猛撃は長くは続きませんでした。

19