トランペット練習。 自宅(家)でトランペットを吹くにはどうしたらいいの?

それでも両手とも指を動かしますから、ギュッと力んで握っていてはスムーズな動きが出来ません。 その辺が「練習で出せていた高音を、本番で外した」と言う原因にもなるわけですね。

16

音が騒音として認識されるのが日中だと60デシベル、夜間なら45デシベルです。 可能ならプロや詳しい人に見てもらってください• 「ふぅー」と息を入れ音が鳴り始めたら、息の圧力は変えずに、舌先を上の前歯の裏あたりに添えて、息を止めます。 ブレス・アタック(タンギングしないで吹くこと)で練習し、タンギングに頼らずに小さい音量でも唇がすぐに反応し、ぴん!と音が立ち上がるイメージで吹いてみましょう。

当家では、部屋のドアを閉めて普通に練習する分には家族は慣れていますので気にしていません。

18

からなんです。 ただし、あくまでも上記は一軒家の場合であることを忘れないで下さい。 次の分の空気を吸う という手順を踏むことになり、やりにくさを感じると思います。

14

すると、ミュートを外して吹いた際に音色が変わってしまうこともあるからです。 私自身、学生時代に部活の先生や先輩に指摘され、大いに悩んだ覚えがあります。 。

10

ロングトーンで練習していると知らず知らずのうちに肺活量が多くなります。 以下、参考ぶろぐです。

この20分という時間。 ただし、あくまでも上記は一軒家の場合であることを忘れないで下さい。 あなたの中に残っている「最初に吸った息」は、どんどん二酸化炭素になり、あなたは息を吸いたくて吸いたくてしょうがなくなっているはずです。

11

基礎の時間が嫌いという人がいるかもしれませんが、「基礎練習」と言ってもロングトーンのような地味な練習から教則本を駆使したトリッキーでテクニカルなものまで幅広いので結構時間をかけて楽しくできるものです。 オーケストラなどの合奏体では、 迫力のある重低音やきれいな中音域に支えられているからこそ、高音域のトランペットの音がきらびやかに聞こえます。

9

この記事では、管理人が専門学校で習ったことや、プロに聞いた話などをまとめて、4つの項目に分けて書いています。

5