かく よむ。 小å­Ļį”Ÿã€Œã‚ˆã‚€ãƒģかくãƒģきくãƒģはãĒã™ã€č¤‡åˆåž‹ã‚ŗãƒŧã‚š 大é˜Ē市åšŗ野åŒēエã‚ŗãƒŧãƒĒãƒŗã‚ŦãƒĢ

ぞずはå›ŗ書館へčĩ´ã„ãĻ、借りãĻ帰れるだけぎã‚ŦイドブックをčĻ‹ã¤ã‘ãĢ行ãŖãĻãŋようと思う。 臆į—…だからだ。 子おもから大äēēぞで大歓čŋŽã§ã™ã€‚

7

į“ĻãĢはæŋ倉氏ぎåŽļį´‹ã‚‰ã—きもぎがåˆģぞれãĻいた。

13

į§ã¯æąēしãĻã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗčƒŊ力があるわけではãĒいし、むしろįŠē気がčĒ­ã‚ãĒいãģうだとčĒã‚ã–ã‚‹ã‚’åž—ãĒい。

čēĢäŊ“éĸぎ不čĒŋとå‘ŧåŋœã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĢ、į˛žįĨžéĸぎčĒŋ子がæ‚Ē化ぎ一途をčžŋãŖãĻいるäģŠæ—Ĩこぎ頃。 こぎčŦ›įžŠã§ã¯ã€ã“うした新しいįŸĨč­˜æŠ€čĄ“ãŒæčĩˇã—ãĻいる「新しいįŸĨ識å­Ļã€ãŽå•éĄŒã‚’å„čŦ›å¸Ģã¨å…ąãĢč€ƒãˆãĻいきたい。 ずãŖと前からčĒ­ãŋé€˛ã‚ãĻるけお、すぐãĢčĒ­ã‚€ãŽã‚„めãĻしぞう。

9

こぎįŽ‡æ‰€ã¯ã€ãƒ­ã‚¸ã‚§ã‚šãƒˆã‚Ļã‚Ŗãƒŗã‚šã‚­ãƒŧがæˆĻいぎ中でį†čĢ–įš„ãĒæ–šį­–が取れãĒかãŖたことを扚判するもぎで、į‹ŦčŖč€…としãĻæļ揄されるåŊŧぎ、į˛žįĨžįš„ãĒ部分ãĢåŊŧぎåŧąã•ãŒå¸°ã™ã‚‹ã¨ã„うčĢ–į†ã€‚ 2001åš´ãĢマã‚ĩチãƒĨãƒŧã‚ģッツåˇĨį§‘大å­Ļがã‚Ēãƒŧプãƒŗã‚ŗãƒŧã‚šã‚Ļェã‚ĸãĒおをįĢ‹ãĄä¸Šã’、全å­Ļぎ授æĨ­ãŽæ•™æãĢだれでもį„Ąæ–™ã§ã‚ĸクã‚ģ゚できるようãĢãĒり、大å­Ļぎã‚Ēãƒŧプãƒŗ化が始ぞãŖた。 į§ã¯äģ–äēēぎ感情がå…ĨãŖãĻくるわけではãĒいぎでīŧˆįŠē気がčĒ­ã‚ãĒいぎでåŊ“たり前īŧ‰ã€ããŽį‚šã¯åŠŠã‹ãŖãŸã¨č¨€ãˆã‚‹ã€‚

6

åŗč„ŗæ•™č‚˛ã¯įŸĨč­˜ã‚’æ•™ãˆčžŧむことではありぞせん。 įŦŦ1回į›Žã¯ã€æ–°ã—いįŸĨ識å­ĻãŽå•éĄŒįž¤ã¸ãŽå°Žå…Ĩをはかる。 ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€åŽŸéš›ãĢ「それäģĨ外ぎ文å­Ļį†čĢ–」が司éĻŦãĢãĒかãŖたč¨ŗはãĒいだろうけお。

2