俳句 ポスト 365。 俳句ポスト365 兼題「鮫」 (2020年11月11日〆切)

そんな感じをどう表すか考えると、なるほどこんな感じはぴんとくる。 投句すると入力したメールアドレスに投句受付のメールが届きます。 一つの欄に一句を厳守。

月に1度、兼題(お題)を設定し、俳句を投句してもらい、俳都松山大使の俳人・夏井いつきさんらが選句し、一部コメント付きで結果を発表します。 平成30年度に50周年を迎え、俳句ポストの名称を「俳都松山俳句ポスト」に変更したほか、選句の回数を四季に合わせて3ヵ月に1回になりました。 それじゃあ……と、まるで季語から掛け離れたフレーズと組み合わせてしまうのも、季語の世界観をぶち壊しにしてしまうだけだ(これも私、よくやった・泣)。

水曜日「今週のお便り」: 投句仲間(俳句ポスト365への投句者の事をハイポニストと呼びます)からのお便りがたくさん載ります。 「たか」。 内容に合った欄に書き込んで下さい。

これも意識下で非常に美しい色が響き合っていて、こういうこともう少し考えていきたいなと。 進路や境遇、年齢により卒業の感慨は様々である。 お気軽に投句してください。

3

その期間に 募集中の兼題(傍題可)で俳句を詠み投句してください。 色々想像するのが楽しい。

17

なるほどなあ。

14

そういう季語もあるし。 また、松山市と株式会社NTTドコモの連携協定に基づいて、松山市総合コミュニティセンター キャメリアホールに、文化ホール専用としては四国で初めて、5Gエリアを開設します。

3

ここにも季語ならではの味や匂いという実感があって、それがうまく反応を起こした時、素敵な句が生まれるのかもしれないと。

7

本名の姓と言う意味ではなく俳号に姓の部分をつけましょうと言う意味です。 ラクダ色の服が似合う感じ。 なんでなんで?? そして天はこちら。

11