あの 夢 を なぞっ て 歌詞。 ヨアソビ「あの夢をなぞって」原作小説を1分で解説!キュンとする恋の話│恋愛重子の部屋

夢の世界だから音はないはずなのに、君が耳元で囁いた「好きだよ」という言葉が目が覚めた後も耳に残っているのです。 更にはベットから起き上がって「2週間後か」と呟いている楓の姿。 夢で見た通りの景色を思い浮かべて、待ち焦がれる心情が描かれています。

でも、四尺玉は今年はもう一つ上がる。

11

二人だけの場所が変わっていないと、願わずにいられないのでしょう。 二人の未来が今やっと重なるのです。

最後の花火が昇って消えた後、これを合図に現実の世界に戻ってしまうかのように。 キュンキュンする物語がアニメでもみられるなんて、最高ですね! ということで、この記事ではヨアソビ「あの夢をなぞって」の原作についてや楽曲との関連性もご紹介していきます。 空回りしてしまう楓だったが、車に引かれそうになったのを亮に助けられたのをきっかけに、花火大会を一緒に行く約束をする。

18

これを信じる気持ちも、忘れたくない思いなのでしょう。 もしくは夢をみたけれど、朝起きたら覚えていない場合も。 付き合ってください。

9

とても不思議で幻想的な世界を見せてくれるのが、YOASOBIなのかもしれません。 映像について MVのクリエイターは「頃之介古論」。 並んで花火を眺める二人が見た景色と夢が重なり合っていく様子を丁寧に描いた歌詞は、聴いているだけでストーリーが思い浮かぶようです。

でもあまりにも明確に覚えている夢の場合は、現実との関係性について探してみたくなるもの。

良くも悪くも自分の行動次第で未来は変わるのです。 誰も知らない、二人しか知ることのない夜。 変えたいのに変わらないと感じると、目をそらしたくなってしまうのです。