ブロッコリー 保存 方法。 ブロッコリーの保存方法・仕方!長期や日持ち保管は?冷蔵庫/冷凍

茹でると色が鮮やかになるのはメリットですが、水気は保存する際の大敵なのでザルできっちり切りましょう。

10

こんにちは、島本美由紀です。 メリットとしては、茹でているので調理の際にすぐに使えて便利なことが挙げられます。 冷蔵保存 3~4日 冷凍保存 約1ヶ月 ポイントは水気をしっかり切ることです。

8

あとは使う分だけを取り出して、残りはまたジッパーを閉じて冷蔵保存。

12

花の部分が黄色や茶色に変色している• 水気が心配なかたは蒸し焼きをおすすめします。 構成・文/土田奈々子. 腐っているわけではないのですが、これから傷んでくるサインなので早めに消費しましょう。

14

冷蔵保存よりもブロッコリーを長い期間保存できます。 加熱したあとは水につけて冷まさない ご自分にあった保存方法を選んで、おいしく食べたいですね。

これだけでこのブロッコリーの日持ちは2週間です。

10

茎の切り口が新鮮で、スが入っていないもの。 ラクワザ!フライパンでブロッコリーをゆでる方法 ブロッコリーをゆでるとき、鍋に大量のお湯を沸かしてゆでる人がほとんどだと思いますが、実はフライパン一つでパパッと簡単にゆでることができるんです。 ブロッコリーの茎の部分を下にしてゆでる• ・下処理をしてから冷凍 まず、ブロッコリーを水洗いして、水けをしっかりふき取ります。

調理時間の短縮のために茹でてから保存する場合は、冷蔵で1~3日と生の場合よりも短くなるのでご注意ください。

6

朝に凍ったまま入れると、昼に食べるときには少し冷たい程度に解凍されていておいしく食べることができます。 茎に小房がついたままだと栄養が取られてつぼみが変色して日持ちしなくなります。 しかもブロッコリーは他の野菜や果物が出すエチレンガスの影響を受けやすいらしく、ポリ袋などに入れて保存するとなお良いそうです。

19