ライス フラワー。 ライスフラワーの花言葉と由来

亜低木 低木の中で、開花結実後に枝の大半が枯れて、根元だけで冬越しするもの• 土が乾いたと感じた時にしっかりと与えるようにします。 つい先日、今期最後と言われたライスフラワーが入荷しました。 一方、耐寒性があるため、極寒の地域でなければライスフラワーを野外で冬越しさせることは可能です。

主な花の種類 種類名 特徴 ライスフラワー 2~5mくらいまで育つ低木。 さらに、リーフ類で細かな空間を埋めることでさらにきれいなフォルムに仕上がります。

リーフとして使うので、少し丈が伸びている方がいいでしょう。 花が咲き進むとピンクから白へと変化します。

強い日光があたると葉焼けして枯れてしまうことがあるので、真夏は風通しのよい半日陰か明るい光が望ましいです。

時期が遅れないように注意しましょう。 土の中が乾いているか確認してから、たっぷり水やりを行いましょう。

6

ライスフラワーを地植えで育てるポイントは? 地植えにする場合は、まず植える場所に3つのポイントがあります。 園芸店やホームセンターなどでは、ライスのように見える蕾の状態で販売されていることが多いですが、開花すると上の写真のようになります。

7