米国 高 配当 etf。 高配当株ETFの比較【VYM/DHS/DVY/HDV/SPYD】

【HDV構成銘柄上位10】 順位 銘柄 割合 1位 エクソンモービル 8. 構成銘柄数が多く小型株も含まれる。 225の銘柄は毎年日本経済新聞社が選定し見直されています。

6

SPYDが低配当のように見えますが、1株あたりの金額がそれぞれ異なるためこのような表示になっています。 特定口座 特定口座は、確定申告簡易化もしくは確定申告の必要がありません。 XLP(生活必需品)• 3番目が【SPYD】で 5年目の分配金額は419ドル、10年目の分配金額は553ドルでした。

17

配当利回りの4~5%込みで年10%程度のパフォーマンスは期待できるでしょう。

12

構成銘柄と組入比率 で、基本情報だけだと各ETFの違いがイマイチ分からないので運用会社さんのサイトから銘柄構成と組入比率をダウンロードして色々と分析してみました。 DVY バンガード社とブラックロック社の米国ETFから配当を重視した銘柄を比べます。

12

PSX(Phillips 66)• 配当利回りが高く、株価変動が緩やかなので長期保有で、継続的に配当金収入を得たい方におすすめですよ。 株価の動き 下図は過去1年間の【SPYD(赤色)】【VYM(青色)】【HDV(緑色)】のチャートです(米国Yahoo! 最終的な目標は年間500万円のインカム。

比較 になります。 【VIG】と【SDY】は連続増配ETFですが、両方に組み込まれている銘柄はあまりないですね。 セレクト・ディビデンド・インデックス」に連動したパフォーマンスを目指します。

19

直近では、VYMの分配金が減りつつありますね。 【DVY】や【SDY】には比較的高い比率で組み込まれています。

背景が 黄色の部分です。 例えばVYMであれば、3-3.5%ぐらいの利回りだと大体において安くなっていますね。

中でも分配金利回りは SPYD>HDV>VYMで、利回り重視でETFを選ぶならSPYDは第一候補となるでしょう。 基本的に分配金額が右肩あがりであることが一つの理由。 【 バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)】 価格102. 過去のリターンでは【VYM】とほぼ同じでした。

9