虫歯 痛く ない けど 黒い。 痛みのない深い虫歯について、神経を抜くべきか悩んでいます。

この現象は毎日の生活で常に繰り返し行われています。 タイトル 痛みのない深い虫歯について、神経を抜くべきか悩んでいます。 そのまま放置して虫歯がエナメル質の下まで進行してしまうと痛みを感じることがあります。

8倍から20倍の拡大率で行うことができ、超精密な根管治療を行うことができます。

。 「予防」は、文字通り虫歯や歯周病などの口腔トラブルを未然に防ぐという意味です。 外部の衝撃や細菌感染から歯を保護する役割をもっています。

定期的に歯医者でクリーニングを行い、必要であればレントゲンを撮影して、虫歯が進行していないか確認します。 実は黒くても痛くない程度の初期虫歯なら 歯医者に行かなくても治せるんです! その方法はフッ素入りの歯磨き粉を使うだけ。

5

まとめ 「虫歯かどうかわからないけれど黒い」「虫歯に見えるけれど痛くない」といった状況で、なかなか歯医者さんを受診しない人はたくさんいます。 ただし、歯を削ることは、 歯の寿命を縮めることです。 追いつかなくなるということは、歯に穴が開き、歯の内部に虫歯が進行していく事になります。

エナメル質に穴はなく、少し白いかなと感じる程度の白濁した状態で、内部の象牙質は虫歯によりかすかに変色して見える状態になります。 近年では、この状態はきちんと歯磨きを行うことで本格的な虫歯に発展することはないことが分かっているため、歯医者さんでも削らずに様子を見ます。

14