北条 時宗。 迫りくる国難から日本を守った青年首相・北条時宗

第11教区…• 元年には、宗尊親王が納涼の為に時宗の住む山ノ内の泉亭に来訪している。 原作はの『時宗』であり、『』(~)と同様に脚本と並行して執筆した。

1

: 九州御家人。

20

連署とは執権の補佐を務めるための役職です。 謝国明と親しく、諸国見聞中の時頼・時宗親子とも交流。 再三の使節にも応じない日本に対して、文永11年(1274年)10月3日、元軍は クドゥンを総司令官として約4万人規模の兵士と約900艘の軍船で、朝鮮半島の合浦を出航する。

14

: 有力御家人の足利家の当主。 これを察知した時宗は機先を制して,時輔の与党とみられた名越時章・教時兄弟を鎌倉で討ち,さらに六波羅探題北方の北条義宗に命じて時輔を討たせた。 その死に不審を抱いており、泰盛はそのことを隠していたが、自身は泰盛の様子から彼が暗殺の首謀者と見抜いていた。

5

:浅利陽介(二役) 時宗の孫、貞時の子、後の第14代執権。

そのためフビライハンは日本に対しモンゴルに服従するよう求めたのでした。 衣裳考証:• 北条時宗の生い立ち 北条時宗は鎌倉時代中期の建長3年(1251年)5月15日、相模国鎌倉で誕生しました。

19

円覚寺で眠る 北条時宗の墓は神奈川県鎌倉市にある円覚寺にあります。

20

歴史は常に動いていると感じさせられます。 蒙古軍の侵攻を阻止したという功績は戦後も賞賛され太平洋戦争が開戦となった昭和においても、強大な外敵からの侵略に立ち向かった人物として礼賛されました。 時頼からの信頼も厚く、時頼没後も得宗家の知恵袋として政治の合議に参加し、病没する直前まで北条家の行く末を案じ、時宗に道標を示した。

5

脚注 [ ] [] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。

6