伊吹 藍 夢 小説。 綾(@oxs2QkRg0XVDhcZ)のプロフィール

恩人ガマさんは伊吹にとって生きる指標であった。

15

千里眼シリーズ や等あらゆる医学に精通し博士号並の学力を有する、科学的研究のエキスパートたちの集まりであり、全知全能の知識と実行力によって歴史を操る闇の組織。

そんなガマさんが刑事として人として一線を超えてしまった。 このことを伊吹は8話で突きつけられてしまった。 「勝手に決めつけんじゃねえよ」と。

3

志摩は、0. わたしに伊吹の人生を語る権利はない。 ガマさんは刑事として、仕事として、たまたま伊吹を助けただけ。 『あの子に、伊吹に伝えてくれ。

1

「恩人」を辞書で調べると大抵このように書いてあった。

13

しかしながらそれでもやはり伊吹藍には全身全霊で救われて欲しいと願ってしまう。

1