ドラグーン オブ レッド アイズ 対策。 【遊戯王 高騰】《サタンクロース》値上がり,買取強化600円!《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》対策の影響か!?

守備表示にして守備0にし戦闘破壊できます。

6

ただし最近はそれすらさせない儀式魔神リリーサーをリリースして特殊召喚されるクラウソラスを一緒に展開して除去を封じるリリーサードラグーンというデッキが環境の上位にいます。

3

《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》は、効果の対象にならず、効果で破壊されない強力な耐性を持っています。 このカードを持ち主のデッキに戻す。 要するに「アナコンダドラグーン」の問題点は「 超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」が「多少」の域に収まり切らないほど強すぎることが招いた結果であり、禁止カード指定を下すべきはやはりそちらであると言えるわけです。

4

コンボに必要なパーツがデッキ・エクストラデッキに揃っていて 「水晶機巧-ハリファイバー」をリンク召喚することさえできれば 「クリッター」を使わずともコンボに合流することが可能なため、 「サイキック・リフレクター」「バスター・ビースト」「バスター・モード」の セットを採用するデッキも珍しくありません。 アナコンダの存在もこれまで以上に融合モンスターが怖くなる。

20

僕の大、大、だ~い好きな害悪地雷デッキ【ヘルテントーチ】のキーカードです。 一体こいつは何だったのか -- 名無しさん 2020-09-14 00:27:10• 制限カードであった時は、禁じられた一滴や三戦の才といった強力な対抗手段が増えたから禁止まではいかないのではといった声も聞かれましたが、これらのカードの相対的なカードパワーがどうこうというより、これらのカードが存在することによってそれに対応するために対策カードを入れざるを得ず、結果としてデッキの固定化を招く事にむしろ問題があったのではないかと思いました。

ドラゴリッチでは与えられない戦闘ダメージを与えることによって、ドラグーンの喪失に加えて、ライフダメージにも対処しなければならないという板挟みの状況になり、与えられる 精神的ダメージは10000をゆうに超えるでしょう。

17