炭 治郎 横顔。 イラストとか箱「ポイピク」

炭治郎は鬼が人間だった頃の悲しみや、鬼としての苦悩を理解しようとする優しい心の持ち主です。 老人曰く、 「日が暮れると人喰い鬼がうろつき出す」と。 鍔の形状は剣士によって異なり、炭治郎は車輪かはたまた太陽の形を思わせる、放射状の透かしが入った円形を用いる。

2

どんなに打ちのめされようと」 幸せな夢の中で、まだ生きている家族に呼び止められたとき、炭治郎は 決して振り返らない。

すると義勇はその言葉をきっかけに昔のことを思い出し、仲間の輪に加わるようになりました。 この瞬間、立場が逆転し、決定的に勝負が決したことを知る。 ただし、この時点ではサブキャラクターであり、「(『鬼殺の流』の世界に) 普通の子はいないですか?」「(炭治郎の設定を聞いて) それで行きましょう!普通でいいんですよ!」という担当の声によって本連載では主人公に大抜擢された。

16

「こうすればいい」「そんなことするべきじゃなかった」といった誰でもわかる理屈よりも、その人がなぜ苦しんでいるのか、なぜ悲しんでいるのかに思いを巡らせて、自分に浮かんできた言葉が伝えた方が、相手の心を軽くします。

12

ただでさえ冨岡先生はこんな所でぼっちゴハンして悲しいんだからそんな言い方するな! 更に、その一方で頑固で融通がきかず、納得のいかない事があると相手が誰であろうと反発し、決して引き下がらない。

2

闘争心は戦いの場以外でも湧き続けているらしく、意味もなく木の幹やなどに体当りしたり大をり上げたりすることもしょっちゅうである。

19