国会 議員 コロナ 感染。 コロナ感染したれいわ・木村英子参院議員への誹謗中傷に見る「特有の嫌な感じ」(NEWSポストセブン)

止まっていた経済活動も動き始めていた時期でした。 発熱以外の症状はないという。 ここで問われるのが、まさに政治の力量であり、政治家と国民との信頼強度でしょう。

10月に、民間の臨時調査会が政府のコロナ対策を検証したんですね。 さらに、看護師5人、医師1人、病院職員1人も感染した。

11

まるで医療機関に行けば助かるような言い方だ。 東京都で連日3桁の感染者が報告されているが、重症者の少ない30代以下が大半であることから「医療体制さえしっかりしていたら、ある程度の人数は許容できる」とし、現状で再指定の必要はないとの考えを改めて示した。

最初はインフルエンザかもしれないとも思ったんですよ。

14

昨年11月に、国会議員で2人目の新型コロナ感染者となった無所属の桜井充参院議員(64)は「感染当事者としての経験を皆さんに共有して、少しでも予防に役立てていただきたい」と自らの体験を赤裸々に語った。 国会議員は地元や業界や支持者の声を政治に反映させるため、どうしても人に会って話をする機会が多くなる。

9

小川氏の感染が判明、入院したのが11月17日。 この言葉は10 月時点のものですが、このままのモチベーションでいくと、全く手に負えない状況になるんじゃないかと危惧しています。 そのうえで、今後政治ができること、しなければいけないことについてどうお考えですか。

19