円錐 台 表面積。 円錐台の体積と表面積を計算する公式と証明

44 ㎤• つまり、円錐を底面に平行な平面で切り、小円錐の部分を除いた立体図形である。 。 グリップを使用して円錐の先端を修正し、先端を平らな面に変換することもできます。

13

次に、問題となっている展開図なのですが、これはファミリーレストランで出てくるエプロンような形をしていると思いますが、これを縦に置いた竹ひごがたくさん横に並んで構成されていると仮定します(つまり、小学生で円の面積の公式を簡便に証明する際に使われるような、細かく分割して考える手法を使います)。 実は、 展開図の長方形やおうぎ形の面積を求めるにはコツがいります。 普段の生活の中で触れ合う機会も少なく小学校では扱わない範囲のため、公式を丸暗記しただけで演習量が不足してしまうと苦手になりやすい内容です。

10

円錐の表面積に関する練習問題 下の図のように、半径が3、母線が5の円錐があるとき、この円錐の表面積を求めよ。

一般的に 円錐台の形をしているものの例は以下の通りです。 麺やプリンなどの容器• 問題の見方 手順1 展開図をイメージ. 図1 円錐台の"復元" 図1では、中心軸 図1における線分DE を含む平面での断面図の半分を表しています。

18

どうでしょう? すごい簡単ですよね! では、実際に公式を用いて上の問題を 解いてみましょう。

14

母線を10cm、半径の長さを6cm、円すいの高さを8cm、円周率を3. 弧の長さを利用して、おうぎ形の中心角を求める 以上! これが基本に忠実な解き方です。

15