ミャンマー 軍。 Pickup

アウン・サン・スー・チー氏が率いる政党の議員らで組織する「連邦議会代表委員会」は、国内の少数民族の武装勢力にデモ隊の側に立ってともに戦うよう呼びかけ、それに応じた武装勢力が市民に加勢する動きが出ていて、ミャンマー情勢は緊迫の度合いが増しています。 ソー・トゥ氏は、米英が制裁対象としている。 国軍の最高意思決定機関「国家統治評議会(SAC)」が、5日付で声明を発表した。

(民族代表院及び人民代表院)の議員定数の4分の1は、ミャンマー軍司令官により指名される。 この深刻な人権侵害を行った者の責任は問われなければならない」と述べて、改めて軍に自制を求めるとともに、国連として軍による人権侵害を容認しない考えを強調しました。

9

これに対して、治安部隊が発砲を繰り返すなどし、地元メディアの「ミャンマー・ナウ」によりますと、27日の1日だけで少なくとも114人が死亡しました。 既にシビリアンコントロール(文民統制)は効かなくなっており、GADの幹部や町村長の多くが、民主派の住民から軍の任命した人材に変更された。

12

乗員乗客122名全員が死亡。 一方、クーデターに反発する市民は軍の式典に合わせて全土で一斉の抗議デモを呼びかけ、最大都市ヤンゴンや第2の都市マンダレーなど各地でデモを行いました。

7

。 1990年代以降は、や旧(、など)、、、等からや、、などを新旧問わず大量購入し、や部隊を新設している。 しかし、近年の同国における民主化の進展に伴い、国軍と民兵組織に停戦が順次実施された。

13

「ASEANは総司令官がミャンマー国民を代表して出席するのではないと明確にすべきだ」と強調した。 アウン・サン・スー・チー氏が率いる国民民主連盟(NLD)の議員ら民主派は、国軍に対抗して独自に「統一政府」の樹立を宣言した。

3

とミャンマー軍の間では戦闘が再発した。

断じて受け入れられない」と軍の対応を非難しました。

14

有事の際にはや種々の組織、国境軍を含めることもある。 国内に民族紛争を抱える事から、及びを主任務とした部隊を主力としている。

6