ガッツ だ ぜ。 About

ゲドフリン スケリグ島にある妖精郷に住む魔術師の長老(大魔導士)。 TVアニメ版では登場せず、それによりリッケルトの生死とガッツがどうやって蝕を脱出したかは不明となっている。 鷹の団によるグリフィス救出後、当団殲滅に異常な執着を見せ、狂人のような雰囲気を漂わせていた。

6

「グリフィスの首を己の物にする」という歪んだ欲望のもとグリフィスを護衛する。 至近距離でガッツに刀を振り回されると、反応できる人間などいないだろう。

10

船酔いが酷い。 グリフィスの下に赴くことを決意。 国への忠義に厚い人物。

コミック22巻「ほころぶ世界」. 「」を参照。 卓越したの名手で一つ眼のついた奇怪な大弓を引き絞り、同時に幾本もの矢を射て複数の敵を仕留めることができ、かつその矢に射られた箇所が大きく切断される。 百年戦争終了後、念願だったを開くが、鷹の団の受難を知り復隊する。

17

雪の中行き倒れかけていた所をファルネーゼに拾われ、ヴァンディミオン家に小間使いとして仕え、少年期は主であるファルネーゼから、利己的で無茶な要求をさせられ過ごす。 劇場版ではゾッドの部分と剣が折れる部分がカットされており、決着の内容は「助太刀するもあっさりと斬られた味方が持っていた旗槍を投げて、一瞬の隙を作った隙に斬る」という展開に変更されている。 グリフィスを予測し難い脅威と看做したボスコーンの命令で、鷹の団との乱戦中にグリフィスを背後から討ち取ろうとするが、途中でゲノンに気づかれてしまい、横から不意討ちで首をはねられて戦死した。

11

ガッツが「狂戦士の甲冑」を使うようになってからはオーバーワーク気味で、治療後はイバレラと共にグロッキー状態になっている。

4

繰り出される命令は場当たり的、不平を漏らす部下らの訴えには耳を貸さず厳しく接し盲従を科す。 「鷹の団」においてはその高い理想に付き従う者ばかりの中、ガッツとは入団の件を含めて対等に近い間柄・唯一無二の親友と言える存在だった。

7

自称「不死身の智将」「不死身男爵」。 戦場においては敵の撹乱、残敵や斥候の掃討を主任務としている。

15

TVアニメ版では、設定が首領から領主(エンディングクレジットではヘビ男爵と表記)に変更されており、ベヘリットを首にぶら下げている他、矢を打ち込まれた際に「助けてくれ」と懇願するも「同じことを言った人間に貴様は何をした」とガッツに一蹴される場面が追加されている。

9