骨盤 前 傾 後 傾。 形態解剖学的視点から考える【骨盤

傳統的捲腹和仰臥起坐應該避免,因為這些可能使腰大肌負擔過重。 両手は体の横におく。

7

膝蓋找到胸的位置,保持住,兩側各45秒。 然而骨盆後傾不像骨盆前傾那樣常見,兩者由相反的肌肉失衡引起的。

上半身會呈現更內凹,以平衡身體,使肩膀彎曲、頭部向前突出。

11

photo by Sayaka Ono パスチモッターナーサナ 普段の入り方は. 保持30到60秒。

15

無力肌群:核心、臀大肌• 骨盤の片側が上がり、反対側が下がって見えます。

5

Hegh Thomas,1834-1891)命名。

6