試用 期間 解雇。 「試用期間」終了での解雇。解雇予告は必要か?

この定めは、試用期間中の労働者についても適用されます。 しかし、あくまで程度の問題です。 企業から相談をうけるものを大別すると次の2つになります。

16

。 そもそも試用期間はどのようなものなのでしょうか? 実は、「試用期間」は法律用語ではないので、法律上の明確な定義はありません。

留保解約権にもとづく解雇は、その趣旨・目的に照らして、客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当な場合にのみ認められる、と判断されています。 ここで企業が注意したいのは、お医者さんが「しばらく休職すれば復職できるよ」と言っているのに、休職を認めずいきなり解雇することです。

解雇が認められるケース4:職務経歴書などに経歴詐称があった場合 採用時に提出している職務経歴書などに重大な虚偽があった場合は解雇が認められます。

7

試用期間は「試験的に観察を行い、結果として適正がなかったら本採用を拒絶できる期間」です。

もちろん、解雇理由は正当なものである必要があります。

4

(2)解雇予告を行う 以下の2つの場合を除けば、たとえ試用期間中でも解雇予告が必要となります。 試用期間中や試用期間終了後であっても、容易に解雇はできないとのことでした。 程度にもよりますが、過去の通例・判例では、下記3つのケースにおいて適切な理由があると判断されることが多いと言えます。

7