ブラック ナイト 衛星 と は。 13000年前から地球を周回する「恐怖のブラックナイト衛星」ついに激撮! 刺激すると「地球を一瞬で破壊する」… 識者戦慄!

そうすると、 「実際に私達が空を見上げて見ている太陽や月や星空とはいったい何なのか?」という疑問が沸いてきます。 1973年、スコットランド人の天文研究者ダンカン・ルナンは、1920年から1930年頃に複数のアマチュア無線家によって受信されたという、謎の電波信号の解析に成功した。

17

米国の新聞が「米空軍が地球を周回する2つの衛星の存在を報告していた」という記事を取り上げ、当時はまだ人工衛星を打ち上げる技術がなかった米国では「旧ソ連のスパイミサイルでは?」などと様々な噂が囁かれていたということだ。 ブラックナイト衛星の所有国はアメリカ? 「ブラックナイト調査員会」が作られましたが、いまだに調査の進展がないと言われています。 そもそも、なぜブランクナイトの起源が13,000年前まで遡るというような説が登場したのでしょうか? これについては諸説ありますが、1973年にスコットランドのSF作家のダンカン・ルナンが1920年代に検出された異常な電波信号が13,000年前から月の近くに存在していた探査機から送信されたメッセージであると推定したことがきっかけである、という説が有力です。

14

当時、アメリカ海軍は自国の衛星であるディスカバラー8号から落下した部品を追跡していたところ、この謎の物体を発見したということです。

3

最初にその奇妙な電波を受診したのは、あの伝説的科学者二コラ・テスラ。

すでにアメリカは火星に人員を送り込んでおり、移住できる環境づくりをおこなっているという陰謀論もあります。

18

これがビーム兵器なら、今戦争が起こったとしても、上空から世界中のどこでも好き勝手に狙い撃ちすることができます。 「最初は凧かと思った」という撮影者の女性は、今まで見たこともないような動きをする物体に慌ててカメラを回したという。

13