お時間を取らせてしまい申し訳ございません。 間違いも多い「お手間を取らせてしまい」の意味と使い方・敬語表現

「お手を煩わせる」の使い方と例文 「お手を煩わせてすいません」などと謝罪・感謝で使う ビジネスシーンでよく「お手を煩わせてすいません」と使います。 相手の気持ちを壊さないためにも、ぜひ心くばりのひと言を添えてうまく表現してみましょう。 「お手間を取らせる」の意味は「時間ら労力を費やせてしまう」で、「お手数をおかけする」と同様に 申し訳ない気持ちと有り難い気持ち表すことが出来ます。

メールの返信が遅くなり、大変申し訳ありません。 相手に対して自分が時間や労力を割いたときには、この謙譲語を使用しましょう。

18

シチュエーションに合わせてそれぞれの表現を自分で選んでいくことが必要ですが、目上の人に誠意と敬意を持って丁寧に謝罪した場合は敬語の「申し訳ございません」を後半に続けると良いでしょう。

12

日常生活でも誰かに迷惑をかけてしまったときに使ってみると良いでしょう。 また、 "apologize"の前に強調の助動詞"do"や"sincerely"「心から」、"deeply"「深く」といった副詞を付けると、より深くおわびの気持ちを伝えることができます。

6

「お手数かけさせます」は 相手に手間や面倒を押し付ける失礼な表現になるので、注意しましょう。 「 お手を煩わせたい」だとクッション言葉ではなく、「手伝ってほしい」とストレートに伝える表現です。

19

例えば「先日の会議ではご説明いただきましてありがとうございました。 出典:Pixabay「申し訳ございません」例1「お手間を取らせてしまい申し訳ございませんが、こちらの書類にもう一度目�. この「迷惑を掛ける」とは広い意味で取ると相手を手間をかける、または時間をかけるという状況に置くという意味です。

6

それでは「時間がかかる」を敬語で表現するとき、それぞれのシチュエーションによってどのように変化していくのかを見ていきましょう。 「お手数おかけします」をクッション言葉として使用すると へりくだった印象を与えることが出来ますよ。 興味のある方は、ぜひこちらの内容も合わせて参考にしてみてください。

11

こうした表現の形での違いを理解をしながら、敬語以外の場合でも、「お手間を取らせてしまい」の言葉の使い回しの工夫がとても大切です。

3

お手間を取らせてしまいの意味 ビジネスや仕事においては、自分の都合で相手に作業や確認を依頼することが多く発生します。 言いにくいことを切り出す場面…ふさわしいクッション言葉は? 場面別言いにくいことの切り出し方・クッション言葉例文 1:相手に面倒をかけてしまうような場合 「ご面倒をおかけしますが」 「お手数をおかけしますが」 「お忙しいところまことに申し訳ございませんが」 「お時間を割いていただき申し訳ありませんが」 2:相手の意向、都合を尋ねる場合 「よろしければ」 「お差し支えなければ」 「ご都合がよろしければ」 「もしお時間がありましたら」 3:自分の都合を述べるような場合 「こちらの都合(ばかり)で申し訳ございませんが」 「勝手を言いましてまことに申し訳ございませんが」 「ご無理を申し上げまして恐縮ですが」 4:急な話を述べるような場合 「突然のお願いで恐れ入りますが」 「急にご無理を申しまして申し訳ございませんが」 「差し迫ってのことでまことに申し訳ございませんが」 5:今までの話とは関係のないようなことを切り出す場合 「つかぬことをうかがいますが」 「突然このようなことをお尋ねしまして恐縮ですが」 6:相手の希望に応えられないことを述べる場合 「まことに心苦しい限りでございますが」 「なにとぞ悪しからず」 「まことに不本意ながら」 「なんとかお役に立ちたいものと存じますが」 「心ならずもお断りするほかなく」 7:こちらの事情をわかってもらいたい場合 「どうか事情をお汲み取りいただきたく」 「なにとぞ窮状をご賢察のうえ」 「なにとぞ事情ご了察のうえ」 相手の希望に応えられないことを述べるような場合、「悪いな」「引き受けたいのに」という気持ちもありますね。

20