帰省 コロナ お盆。 【お盆の帰省は要注意】コロナウイルスの危険性と取るべき正しい行動

「仕方ないけれどショック」「コロナに怒り」と行き場のない感情に苦しんでいる人もいた。

例えば、公共交通機関を利用するのをやめて、自家用車を使うことなどがあげられます。 発熱等の症状がある方や、出発直前あるいは最近2週間以内に感染リスクが高い場所に行かれた方は、帰省を控えてください。 今日でも「お墓参りに行く」がトップを占めていることは少々意外かもしれないが、この結果からなぜオンライン帰省が受け入れられないか、広まらないかがわかる。

9

政府の「Go To Travel キャンペーン」も7月22日から実施されているが、果たして実際に実家に帰省した人はどのくらいいるのだろうか。 しかし調査を進めた結果、お盆に帰省を決めたけど断られた人が多いことも分かりました。 ご先祖のご供養で毎年読経をしていただいていた檀家の方に対して、お寺がオンラインによる読経を行い、檀家さんはモニターの前で手を合わせるという形になります。

18

まとめ 【お盆の帰省は要注意】コロナウイルスの危険性 改めてお伝えすると、 コロナ禍のお盆に帰省する際には細心の注意を払わなくてはいけません。 もちろん故人様の好物だった食べ物や、少し上等のお線香を贈るのもよいでしょう。

17

ですので、今年のお盆は帰省を諦めて、お盆のためのお供えや、両親に食べてもらうための食材などを贈るのが良いかもしれません。

17

近年コロナウイルスの影響もあって利用者が多くなっており、お墓参り以外にも線香や献花などを一緒に添えた、お墓参りサービスを実施している業者も増えているほどです。 トイレも毎回消毒・・等、気を遣う。

不特定多数の人が利用し、三密になる可能性が高い電車やバスを避け、家族だけで車を使って移動する。 「祖母に一目会いたかったが…」。