札幌 大谷 高校 サッカー 部。 札幌大谷中学校・高等学校 | 高等学校 サッカー部

しかし、2年後の2011年度は、部員も増え少しずつ勝利を重ね「札幌プリンス(32チーム)」「U-16札幌リーグ(16チーム)」において2部から1 部リーグへ昇格、選手権札幌予選では最後の代表決定戦へ進出し、あと1勝で全道大会というところまで進むことができました。 したがって、サッカーに限らず日々の生活から「個人がうまくなること・成長すること」を念頭に置き、そのバックボーンとなる人間力Upを意識し、成功のサイクルを習慣化できるよう選手には求めています。

10

札幌大谷高校サッカー部メンバー2020 札幌大谷高校は第99回サッカー全国高校選手権の北海道大会決勝で旭川実業と対戦。 そして前半33分、左SBの右CKを直前に投入されたばかりのMFがファーストタッチで決めて先制。 したがって、サッカーに限らず日々の生活から「個人がうまくなること・成長すること」を念頭に置き、そのバックボーンとなる人間力Upを意識し、成功のサイクルを習慣化できるよう選手には求めています。

3

さらに2013年では「全国高校サッカー選手権」に初出場し ました。

5

粘り強い対応力で相手のチャンスの芽を刈り取るだけではなく、元々ボランチで果敢な攻め上がりもみられます。 1のチーム、プロで活躍できる選手を輩出する高校サッカー部でありたいと考えています。

本校サッカー部は男女共学化に伴い創部し今年で12年目を迎えますが、今回の優勝により高校総体と合わせ8度目の北海道代表しての全国大会出場を達成しました。 小学2年生からサッカーを始め、北海道立札幌南高校を経て筑波大学大学院体育研究体育方法学体育心理学専攻卒業までサッカー選手として活躍。

現在サッカー部の監督・コーチ以下選手一同は、来る全国大会(12月31日 vs大手前高松高校)に向け、コロナ禍の影響を受け難しい状況ながらも、できることを精一杯行い進んでおります。 その結果、2012年度に全国大会初出場。 。

初年度は部員11名マネージャー2名でスタートし公式戦では全く勝つことができない苦しい1年を過ごしました。 1のチーム、プロで活躍できる選手を輩出する高校サッカー部でありたいと考えています。

17