シャボン 玉 液 自作。 超簡単でコスパ最強! 子どもが喜ぶ“シャボン玉液”の作り方3つ(2017年6月28日)|ウーマンエキサイト(1/3)

では、砂糖や片栗粉など身近にある材料を添加物にして、シャボン玉の性質の変化がまとめてあります。 自分で作れる方法があれば、手軽にシャボン玉遊びができるようになりますよ。 割りばし2本の間に逆さの三角形ができるような位置に結び目を調整します。

9

すると液体の性質から、自然に膜どうしが近づいてくびれてくる。 シャボン玉液がこぼれたところはとても滑ります。

6

特殊な液を使い、マジックのように操るようなすごいことを目指してはいませんので、そういうのを期待している方には期待外れかも知れません。 きれいな丸い輪は見ていても飽きず引き込まれていきます。 これを選ぶことで、より泡立ち豊かな液を作れます。

私の場合、粘性を高めることよりも、もっと簡単に表面張力をあまり弱くしないことに重点をおきましたので、シャボン玉は大きくなる前にはずれてしまいます。

6)あとしまつ ブルーシートなどにこぼれたシャボン玉液は滑り易く後始末も大変です。 毛糸の両端を輪になるように結んだら、割りばしの先(持ち手の太い方)に写真のように毛糸を結びつけます。

10

ビニールテープ• すぐこぼすしなくなるの早いですよね😭 洗剤と水を混ぜるとシャボン玉液つくれますよ! どのキャップも1杯だいたい5ccなので、覚えておくと便利ですよ!』(40代女性/4人のお子さんのママ) 確かに、食品じゃないものを小さじなどで測るのはちょっと避けたいですよね。 必ず乾いた雑巾で拭き取ってから水洗して下さい。

13