梅雨 時期 の 挨拶 文。 【時候の挨拶】6月 ビジネス文例と結び!上旬・下旬の例文や挨拶文

今年もまた梅雨入り宣言が気にかかる頃となりました。 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりです。

14

入梅/梅雨/長梅雨/長雨/梅雨の月/梅雨の星/黒南風(くろばえ)/青梅雨 使う時期は梅雨入り直後がよいでしょう。 季節の挨拶文1月のうち、主に1月の上旬に使用されるものの文例・例文集です。 梅雨晴れの青空を期待しつつ、皆様のご健康をお祈りいたします。

2

・梅雨明けを待ち遠しく思う毎日ですが、お風邪など召されませんように。 ・「末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」 ・「まずは略儀ながらお礼かたがたご挨拶申し上げます」 ・「皆様のますますのご活躍を祈念いたしております」 などで結びの挨拶としましょう。

雨上がりに見る草木の緑がすがすがしいこの頃です。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、〜にしていただき、ありがとうございました。

17

ことしもまた梅雨の季節がやってまいりました。 梅雨の晴れ間には太陽のありがたみがしみじみ感じられます。

1

そして、文の後半は 「いかがお過ごしでしょうか」や 「お変わりありませんでしょうか」等を付ければ良いのです。 上旬・中旬・下旬など、季節に応じた季語や書き出しについても知ることができますよ。

2