アポロ 工場。 「アポロ見学ライン」明治初“アポロ”の工場見学施設、宇宙船風施設&アポロの歴史コーナーも

予約開始は、2020年1月7日(火)からとなります。 楽しく製造工程を学ぶことができる。 もっと別の投資(資産の組み替え)をしたい• 「製造ラインゾーン」は、宇宙船のゲートをくぐると、まるで宇宙船の内部から「アポロ」の製造ライン(成型から包装まで)を眺めるような見学ができる。

ロームは、2010年にSiCパワーデバイス(SiC SBD、SiC MOSFET)の量産を開始して以来、世界で初めてフルSiCパワーモジュールやトレンチ構造を採用したSiC MOSFETの量産を開始するなど、業界をリードする技術開発を進めております。 会社名 株式会社 アポロ製作所 所在地 本社・第1工場 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里一丁目49番11号 (シルク印刷等) TEL: 03 3802 3291(代) FAX: 03 3802 3294 東尾久第工場 〒116-0012 東京都荒川区東尾久1-22-14 花畑工場 〒121-0061 東京都足立区花畑5丁目2-9 設立 昭和36年1月 個人企業白井ネームプレート創業 昭和45年4月 アポロ製作所に社名変更 代表者 代表取締役 白井 健一 資本金 10,000,000円 製造・営業品目 特殊印刷加工サービス シルクスクリーン印刷、エッチング、アルマイト、多色刷り金属・プラスチック素材専用オフセット印刷、シール印刷、インクジェット、曲面印刷、塗装、彫刻、メッキ、レーザーカット 特殊印刷を施した製品 ネームプレート、銘板、仕様説明プレート、装飾パネル、ディスプレイ、金属アート、メタル・プラスチックバッジ、塩ビ・ポリエステル・紙シール、ステッカー、バッジ、サインボード、看板、徽章・カップ、大型ポスター、クリアホルダー、アクリルディスプレイ、POP,アイキャッチ、フロアグラフィック、ウィンドウグラフィック、等。

3

ローム・アポロ 筑後工場においても、2019年度より再生可能エネルギーを導入し、段階的に電力量を引き上げてまいりました。 10名以上の場合は電話にて予約。

見学は完全予約制。 そして関係する皆さんに喜んでいただくことに生き甲斐を見いだし、自己実現して行こうと考えているわけです。

新棟は、地上3階建てで、延べ床面積:約11,000㎡。 • 月面の世界が広がる「プロローグゾーン」 来館者を出迎えるウェルカムボードには、宇宙服を着たアポロちゃんが登場!見学がスタートするプロローグゾーンに一歩足をふみいれると、月面のような世界が広がっています。 また、お土産コーナーでは、ボタンを押すとアポロが出てくる楽しい仕掛けをご用意しています。

12

光のガーデン 土地と太陽光発電設備がセットになった「」を通じお客様の豊かな未来のお手伝いします。 こんなにあった「アポロ」商品シリーズ 現在のアポロ商品には、いろいろなシリーズがあるのをご存知ですか?縦の箱型のオリジナル「アポロ」に加え、「ジャンボパック」や「棒つきアポロ」、チョコレートのコクが深まった「ぎゅっと濃いアポロ」、12袋の小分けになった「アポロ袋」などさまざまなパッケージがありますよ。 明治初アポロ見学施設「アポロ見学ライン」誕生 「アポロ見学ライン」は、人気菓子「アポロ」の製造ラインを見学できる明治初の施設だ。