金子 み すゞ 死因。 金子みすゞの知られざる5つの事実。短命の名詩人について知る4冊もご紹介

時代は違えど、一人の母親として思います。

金子 みすゞは、26歳の若さで自死した夭逝の童謡詩人です。

9

脚本・演出による『こだまでせうか〜童謡詩人・金子みすゞ その愛と死〜』は七人の作曲家によって「鯨法会」「葉っぱの赤ちゃん」など25曲に付曲し、語り朗読でみすゞの詞と人生を綴り、日本クラウンからCD発売され、また舞台化もされた [ ]。 金子勇の弁護士である檀俊光もこのことを裁判で戦っています。 みすゞの詩に惹かれる所以である。

名古屋テレビ [ ]• 描写は細かく、みずゞの繊細さが感じられる。 だが、やはり深刻な病魔に冒されていた。 みすずは心を決め、三通の遺書をしたため、写真館で自分の遺影を撮り、カルモチンという睡眠薬を飲んで、この世を去ることになります。

すでに記事にしているが、今回は、華々しく顔写真ありである。 1926年に結婚をしますが、夫が女性問題で職場を追われ、移住を余儀なくされてしまいました。 つまり金子勇が逮捕されたということです。

1

僕がこうなのではないのかな?という憶測で書いていきますのでこの内容を信じるか信じないかは読者さんの判断にお任せいたします。 『金子みすゞ童謡集 明るいほうへ』矢崎節夫編 1995JURA出版局• そういう時代でしたので、ふさえさんは母が自分を置いていってしまった、 自分は母親に愛されていなかったと思っていたそうです。

母ミチさんの愛 きっと、同じく母親として娘テルさん(みすゞさん)を自殺という形で失ったミチさんは、どれほど自責の念にかられたか、孫であるふさえさんを育てることがどれだけ救いになったのだろう、と思います。

8

むしろの上はさみしいな。 ところが日本の社会は彼の資質を活かすことができず、7年もの長きにわたり、ただネガティヴに受けとめ続けた。