三重 県 緊急 警戒 宣言。 三重県、南伊勢、紀北、尾鷲方面の釣り自粛状態について

10を緊急的に強化し、 「三重県新型コロナウイルス『緊急警戒宣言』」(適用期間:令和3年4月20日から5月5日まで)を発出しました。

3

<新たな要請>• ので、企業の関係者の皆様におかれましては、従業員の皆さんの感染防止対策につなげていただくよう、ご理解ご協力をよろしくお願いします。 商業施設をはじめ集客施設においては、入店時や店内における距離の確保など利用者の整理・誘導、発熱している方や感染防止対策(マスク、手指消毒など)を行わない方の入場を避けていたただくといった対策もお願いします。

愛知・岐阜・三重の3県は、飲食店に対する営業時間短縮の要請など、それぞれが講じている感染防止対策を継続し、感染を抑え込みたいとしています。

14

国による緊急事態宣言が解除されたからと言ってコロナウィルスの脅威は変わっていない訳で当然の事ですね。

3

また、岐阜県は飲食店に要請していた午後9時までの営業時間の短縮を予定通り7日に終了するということです。

15

大人数や長時間におよぶ飲食は、感染のリスクが高くなりますので、同居家族以外の方との飲食は少人数・短時間でしてください。 6日、三重県では、四日市市で4人など、新たに32人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。 県内の移動については、必要性、安全性を慎重に検討し、移動先が「『密』となる」など感染リスクが高くなる場合は移動を避けていただくとともに、やむを得ず移動が必要な場合は、感染防止対策を徹底してください。

減少傾向だった津市内の感染者数は、3月下旬から再び増加に転じ、4月の感染者数は本日28日までですでに102名に上りました。 駅周辺の人出に大きな変化がないことなどから、テレワークの推進を強く求めたい考え。 体調に異変を感じた場合は、出勤や通学などの外出や人との接触を避けるとともに、家庭内でも家族とは別室で過ごす、マスクを着用するなど対策をお願いします。

8

「緊急警戒宣言」による措置を現在のまま延長するか、更に強い措置にするかは現在検討しているということです。 より強い措置を追加する可能性もある」と述べた。

11