忍者 スキル 回し 5.1。 【5.5】Lv80忍者のスキル回し解説

だまし討ちをWSの3発目後に入れたものが吉Pの披露したものになりますが、コンテンツやPT構成に応じてWS4or5に撃つスキル回しも支持されているところです。 「だまし討ち」効果中にの「影牙」や「天地人」など、強力な技を叩き込みましょう。

4

忍者の大原則• 技に統一性が無いので、侍などのように『「閃」を3つ付けて「居合抜き」』と単純に覚えられないのがハードルを高くしていますね! ポイントとしては、まずは「開幕バースト前」と「だまし中(バースト)」を繰り返し叩き込みましょう。

3

「だまし討ち」を入れることでPT全体のDPSが上昇するので、毎に使うように意識しましょう。

19

無限三段と終撃 終撃の硬直に注意。

1

特に「天地人」や「夢幻三段」などはが60秒と120秒で、だましと同時に使うことで自然とぴったり合うようになっています。 今週のファッションチェック!• 説明だけだとなんのこっちゃだが、一度使ってみれば理解できる。 分身の術は90秒なので、だまし討ちに合わせるには180秒のタイミングになります。

has-watery-yellow-background-color::before,. 新生・蒼天IDは敵が柔らかくすぐに倒せる為、火遁の方が良い場合が多い。 だまし効果中に最大火力を叩き込むのが基本 「忍術」や「天地人」といった 強力な技を「だまし討ち」の効果中に叩き込むことが、忍者で最も重要な要素です。

18