東京 新聞 杯 オッズ。 東京新聞杯2021の予想を大公開!|アドレナリン競馬

2番人気想定が昨年2着の シャドウディーヴァ。

8

そして、プロ集団がしっかりとレースを分析し、直前まであらゆる情報を精査してジャッジを下している。 脚も外に流れており、その影響で頸を出すリズムも悪く見えるので、前走からの上積みにはあまり期待は持てないかもしれない。

17

ほかでは、初のマイル参戦で復活を期す5位のヴェロックス(97. スピードに乗るまでに時間を要する点は相変わらずだが、しまいにかけての回転鋭い脚さばきをみるに調子は良さそう。 レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

2

シャドウディーヴァ(8着)• 長期休養で立て直してからの直近の2戦がほとんど成長を感じないので、そこそこ人気にはなるだろうがあまり期待しないほうが良い気がする。 5ミリのみ。 この3パターンで4勝を含む7連対(重複含む)を挙げているのだから、当てはまる馬はプラスに評価してしかるべきだろう。

母は4歳から競走馬として軌道に乗り始めていたが、本馬においては父系も晩成傾向にあるので、昨年2着以上の結果にも期待できるだろう。 少なくとも前回の最終追い時より雰囲気はいい。 今度は正攻法でいきたい。

3

また3コーナーまで約550mほどの直線のため自然とペースが速くなり、やや速めの平均ペースになりやすい。 とは言っても前半の動きはかなり平凡で、追われてフラつく点や脚捌きの軽さからしても重賞では少し荷が重い気もするだけに、今回は敷居が高く感じるというのが正直な答えとなる。

特に古馬OPともなれば「差し」のシェアが50%を超える。 高い勝率、高配当・予想は全レース全て見放題• なかでも注目はやはりディープインパクト産駒である。

9