まるちゃん の おねえちゃん 名前。 さくらももこの本名は?ちびまる子の由来は?プロフィールも紹介

一度だけとを習ったことがある。

本作の舞台設定である1974年頃に発売されたヒット商品であるのことを全く知らなかったり、『』などの年末年始の話題についていけなかったこともあった。 1965年生まれ [ ]。

18

クラス一の長身。 名前:さくらももこ• 大野くんと家が近所。 まる子の裸の王様(2019年8月4日放送)では国王役を務め、真面目で騙されやすい性格に拍車がかかっている。

10

そして、最近 [ ]では宇宙飛行士になりたいとも言い出している。 アニメ化30周年記念に公式LINEアカウントで行われた人気投票では第9位だった。

17

76歳。 括弧内はももこ(まる子)から見た続柄。 こうして最悪の空気の中2人は絵を描いていたのだが、しばらくして同時に2人のお腹が鳴ると、さきこが頬を赤らめながら「お弁当にしよっか」と仲直りし、仲良くお弁当を食べだした。

19

デパートのヘビ展で、コブラvsマングースの対決ショーを観覧した時には、メンバーの中で唯一平常心を保っていた。 元々のメルヘンチックな性格や、父のカメラ好きやまる子のトンチンカンな言動に振り回される気疲れからか、そうやって現実逃避する癖がある。

14

男子と女子の間で確執が起きた際も中立の立場で、争いには一切参加しなかった。 作者が高校2年の時に老衰のため84歳で亡くなり、家族たちが誰も涙を流さなかったとのこと(ただし、「うちはびんぼう」などの作者の読み切り漫画や、ミラトコットのCMでは 、それ以降も存命している)。 小学校6年生時代の場合は本作と同じ姿だが、作者の「まる子」以前を書いた『おんぶにだっこ』では、アニメ とは異なりおかっぱ頭となっている。

4

字が下手なのが唯一の弱点で、を自分で書かず、使用人に書いてもらって銀賞を取り、あたかも自分で書いたように振舞っていたことがある。 しかし、中学生になってからは打って変わって永沢に恋愛感情を抱くようになる。 まる子の一番の理解者で、どんな時もまる子の味方。

17年後の同窓会では、既婚者となり、眼鏡からコンタクトレンズに変えている。 結果、延焼被害で永沢家を含む3軒が全焼する被害を招いた。 お小遣いは毎日30円。