ヴェゼル 新型。 新型「ヴェゼル」、ホンダの意気込みが尋常じゃない!常識を裏切る乗り心地&驚異的な燃費

空いた山中湖周辺の一般道と中央高速河口湖線で、約2週間前に試乗したフィットの印象を思い出しながらヴェゼルを走らせた。 新型ヴェゼルに対して当初ネガティブな印象が多かった理由を、担当デザイナーは次のように分析する。

皆さんなら、上記車両をどう言う順で候補にされるでしょうか? また、他の車種で希望に添う物が有ましたらアドバイスください。

10

欲を言えばcx3くらいの内装を出してくれるといいのですが、モデル末期だからこそできる価格だけに此方に決めたそうです。

3mとBセグメントにしては長い全長で広い室内とラゲッジを得ていますが、350万というクルマにしては内装の質感はイマイチです。

8

2019年上半期(2019年1月~6月)における販売台数が33,445台を記録し、2019年上半期SUV新車販売台数で第1位を獲得。 岡山県出身。

だから、肩や腕は自由に動く。 電子制御で減衰力を可変するか、あるいはエアサスで路面からの入力をいなすようなシステムでなければ、サスペンション剛性を抑えるとフットワークは悪化する。 となっている。

18

それでいて、燃費が驚くほど良い。 【インテリア】 外観はほどほど高級感があるが、内装はGに関してはメッキやピアノブラック等の装飾が無く貧相に見える。

20

過不足なし。 事前評判通り、販売は絶好調のようで、事前受注開始から2ヶ月で2万9500台もの受注を得ているそうだ。 路面状況を問わず、終始落ち着きがあってバタつくことがない。

20

充実装備が魅力で売れ筋の「e:HEV Z」はおよそ半年待ち、Honda CONNECTのディスプレイとナビゲーション連動のETC2. カジュアルスタイル カジュアルスタイルはカッパーブラウンの差し色を効かせたコーディネートで特別感を際立たせています。

20