ワールド グレイ テスト ストレッチ。 【ゴルフ】練習やラウンド前に取り入れたい 世界で最も偉大なストレッチ ワールドグレイテストストレッチ

この記事のまとめ&最後に 今回の記事では、ワールドグレイテストストレッチの期待できる効果や実践方法、ポイントについて解説させていただきました。

1

その際、左脚はなるべく膝を伸ばし、足首は天井に向けて反らします。 右脚を大きく後ろに開き、左足のくるぶしの延長に右手を置きます。 一般的な「体の回転」は実は腰はほとんど回っておらず、腰(腰椎)の上の「胸椎」と腰の下の「股関節」の回旋によってなされている この胸椎や股関節の可動域が狭い状態で体を回転させようとすると、腰椎を可動域以上に回旋させようとすることになり、腰の負担が増し腰痛につながりやすくなる。

6

結果として 筋の柔軟性や関節の可動域が向上します。

11

その際は、胸から左に回旋するイメージで、上体を捻っていきます。 クラブを振る前にストレッチ ランニングやサッカー、テニスをする時と同様に、普段、ゴルフ練習場で練習する前や、コースラウンド前にはストレッチをするべきだ。 ストレッチの種類 スタティックストレッチとダイナミックストレッチ ストレッチといえば、• 運動前のストレッチは ケガ予防になるので大切です。

ゴルフと結びつく怪我の代表例として「腰痛」が挙げられるのではないだろうか。 前足のもも裏のストレッチを感じましょう。 注意 ・筋トレ前のW-UPではやりすぎない様にしましょう。

8

正直、言葉でも文字でも説明にくい種目です…動画をみながら同じような流れで実践していく方が良いかなと思います。

16

・反動を使わない様にゆっくり行います。

19

世界一という名前に相応しく、一連の動きの中で、お尻、太ももの前後、ふくらはぎ、腰背部、胸周りなど、多くの筋群を伸ばせることが特徴です。 その際、左脚はなるべく膝を伸ばし、足首は天井に向けて反らします。 シンプルな動きに見えるが、様々なストレッチが取り入れられているのがこのストレッチ。

17