富山 コロナ 北日本 新聞。 富山県内29人コロナ感染(7日発表)(北日本新聞)

。 1週間合計で、富山県の人口10万人当たりの新規感染者は21・55人。 富山市の10歳未満の女児は、クラスターが起きた射水市内の障害福祉サービス事業所で感染した職員の家族。

29日には全指標が基準を下回った。 新田八朗知事は会議後、県庁で記者会見し「うつさない、うつらない行動の徹底をお願いしたい」と呼び掛けた。

6

エンターテインメント(週間テレビガイド)や、 別刷広告2〜4Pのスペースで北日本新聞とともにお届けできます。 31日に1人が亡くなったことも公表し、県内の死者は36人となった。

この施設では24日に30代女性職員の感染が判明。 この学校は4月22日から休校している。

教室ではマスク着用のほか、教卓用のアクリル板や空気清浄機を設置し、換気もしていた。

17

県と富山市は1日、10歳未満~70代の男女14人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。 (藤木優里) 2日に県議事堂で対策本部会議を開き、決定した。 全国平均の25・72人より少ないものの、20人を超えたのは17都道府県で、富山も高水準だった。

18

県は状況を4指標で判断し、活動制限を段階的に強めるロードマップを定めている。