スーパー コンピューター 富岳。 スーパーコンピュータ「富岳」におけるOSの強化機能 : 富士通

(2)少ない作業スペースでの活性保守 「富岳」では,CMUの保守を行う場合には,システムとしては動作を継続したまま保守を行う活性保守が求められる。

3

また,「京」で必要としていたバスコンバーターを削減し,電力ロスを改善している。 それが微細なほど、 チップが小型化しやすい。 「京」はスーパーコンピュータの性能ランキングTOP500で2011年に2回世界一に輝きましたが、「富岳」は、富士通が開発した高性能CPUを15万個以上接続して、アプリケーション実行性能で「京」の100倍を目指しています。

6

ただし、Nintendo Switchに限り、ARMで、Nintendo Switchは速度重視ではない設計になっています。 Intel• 87%だった。 命令セットが違うからあたりまえ。

15

システム構成 [ ] 主なシステム構成は以下の通り。 スパコン「京」でも理研とタッグを組んだ富士通は、長年培ってきたプロセッサー設計の知的財産とノウハウをA64FXに注ぎ込んだ。 これだけ情報量に差があれば、仕事、趣味、遊び、人脈、富に巨大な格差が生まれるだろう。

14

しかし「富岳」では,メイン出力回路だけでなく,従来あまり手が付けられていなかったスタンバイ出力回路の電力ロスの削減にも取り組んだ。

2

「公知=みんなが知っている」なら、新規性に欠き、特許として認められないのだ。

10

計算速度が命のスーパコンピュータでは、実用的とはいえないだろう。 Dockerモード ホストOS上に,Linuxコンテナと呼ばれるホストOSから隔離された環境を用意し,ホストOSと異なるOS(コンテナイメージ)上でプログラムを動作させることができる。 世界の他のシステム [ ] 富岳は京の後継として、京の最大100倍の性能を目指して、構築費用 1300億円(国費 1100億円、民間 200億円)が投じられた。

2