婚約 破棄 され て 修道院 に 行く お嬢様 の 話。 婚約破棄されて修道院に行くお嬢様の話の後日談

」 もしかしてダリアはストレスをため込んでいたのだろうか。

8

父は私を家から出したのちに男爵家かもしくは商人か、自分に逆らえない地位の者をダリアの婿として迎え入れ、裏で自分がダリアの夫になろうとしているのでしょう」 「そ、そんな馬鹿なことが……」 「……どうしてそんな事がわかるんだ」 「父の性格を考えたうえで妹の結婚相手のリストを見ればわかりますわ」 「………………」 男達は黙って、それから震える妹に向き直った。 作者: 喜多蔵子• グレゴリーきっかけで、ダリアは胸ばっかり見てきやがってと思うようになったのかな。 今は手元の文庫本のほうが面白い。

2

だって私はお父様がお姉様たちを裏切った象徴なのですもの。 学園生活も残り半年となり、十八になったリリアンに父から王族との婚約が決まったと告げられた。

君との婚約を破棄し、学園を退学処分とし、貴族籍から除名したのちアウティ半島のシビィ修道院へ追放する」 あらまあ、と今しがた婚約を破棄され、学園の退学を告げられ、身分を剥奪され、追放を告げられたリリアン・エドキンズは口元を扇子で隠した。

1

甘い雰囲気。 君は退学だ」 騎士見習いのハロルドが高らかに宣言する。

5

乙女ゲームのモブである。 「残念です、リリアン先輩。 彼女の彼氏が浮気したらしい。

16

私が死んだあと、あの男はかならず 妹をつれてきます。 平民であった娘が王族に嫁ぐなど夢物語でしかないが、家の繁栄を願う当主ならば一度くらいは見る夢だろう。

3

あの父と、あの男達に毎日べったり張り付かれていたものなあ。 変わったことと言えば入学してきた妹に話しかけられたり、ふだん話したことのない生徒に話しかけられたりしたくらいのものである。 今日は新記録に届かないだろう。