務める 例文。 「務める」の敬語表現・務めるの使い方と例文・別の敬語表現例

その他には「仏道に励む」という意味でも使われています。 選出には、首位打者を除き、公式記録の成績を基にして主に登録の報道記者クラブの投票結果で行なわれる。

戦後は小林一三についで戦災復興院の第2代総裁、建設院総務長官などを歴任。 また上記の類義語を使った例文としては、以下のようなものがあります。 「勤務する」という意味でない場合は、目的語が仕事でも「務める」を使う方がよいでしょう。

18

基本的には、丁寧語は誰に対して使っても問題はありません。

3

父は技師としてその工場に 勤めている。 なので「 奴隷が力いっぱい働く」というのが「 怒」という漢字の成り立ちなんです。

そのため、「努」の部署も「力」となります。 しかし使い方やタイミングにも注意が必要なため、適切な使い方とその解釈を紹介します。 例えば、夏目漱石の坊っちゃんで「食堂の代理を務める」と書くべき所に「食堂の代理を勤める」と記述されています。

表現方法は「向上に努める」「習得に努める」「積極的に努める」 「向上に努める」「習得に努める」「積極的に努める」「環境づくりに努める」などが、努めるを使った一般的な言い回しです。 問題解決に 努めることにした。

1

「serve」・・「asを伴って、~として任期や役目を務める」 「act」・・・「asを伴って、~の役を務める」 「play」・・「~を演じる」 彼は市長を務めた。

4

また形式的な表現にもなるため、仕事や公的な場などで 「任されている」とアピールするためにも用いられます。

19