立つ 鳥 跡 を 濁さ ず。 【立つ鳥跡を濁さず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

「後は野となれ山となれ」 当面のことさえ無事に済めば、あとはどうなろうとかまわないという意味を表します。

3

「飛ぶ鳥跡を濁さず」の例文 5.異動や転職する場合は、立つ鳥跡を濁さずを実践するのが大人のマナーです。

9

」 行徳哲男 「立つ鳥、跡を濁さず」とは反対に、「後ろ足で砂をかける」ような去り方もある。 「立つ鳥跡を濁さず」を分解して考えると、意味がスッと理解できると思います。

10

また、物事の引き際は美しく、潔い事。

17

。 みんなでいい卒業式を創ろう」 卒業式に向けて 笹山T ~ 「これからの練習は・・・ 」 「立つ鳥、跡を濁さず」 ダメ人間、カラスは生ゴミをあさった後ゴミ置き場を散らかして去って行きます。

20

川や池に飛来し、その場所に一定期間とどまり、次の場所へ羽ばたいていく習性があります。 ひと鳴きしてついに飛び立ちました。

14