川崎 病 看護 問題。 肝硬変の看護計画|原因、症状、観察項目から見る看護過程、看護問題

5:1というデータがあります。 川崎病の治療(急性期の治療) 基本的には入院治療を行うこととなります。

7

軽症のときはアスピリン内服のみの治療のときもあります。

19

2.冠状動脈瘤、心筋梗塞の治療は、身体的・精神的苦痛を伴うものである。 呼吸器:咳嗽、鼻汁、肺野の異常陰影• 平成10年11月 医療情報システム稼動• 川崎病の特徴である動脈瘤と血栓を形成していく過程は、以下の通りです。 副作用は少なく安全性の高い治療法ですが、まれに点滴中にアレルギーや血圧低下などの副作用が現れることがあります。

15

看護師が注意すべき川崎病の症状を4つお伝えします。 肝炎ウイルスの除去、合併症が予後を左右すると言われていますが、個々の患者さんにより治療過程や予後は変わってきます。 川崎病とは 川崎病とは、1967年に東京都の日赤中央病院(現在の日赤医療センター)小児科の川崎富作博士が、手足の指先から皮膚がむけたりする症状の小児を「急性熱性皮膚粘膜リンパ腺症候群」として発表した病気です。

小児期の急な発熱を症状とする他の病気と比べて、川崎病は重症で、ぐったりしてしまいます。 また、他からの感染も注意。 四肢末端の変化:急性期 手足の硬性浮腫、掌蹠ないしは指趾先端の紅班 回復期 指先からの膜様落屑• 太ももの付け根からカテーテルを挿入し、造影剤を流して冠動脈の形や瘤の大きさなどを調べます。

8

アスピリンは血栓形成を予防し、免疫グロブリン療法(ガンマグロブリン療法)は、炎症を抑えてリンパ球や血小板の働きを抑えるために行います。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。 泣き続けることで体力も消耗します。

18

引用元: 3、肝硬変の症状 肝臓は体内の最も重要な代謝器官で、ひとたび障害が起こると身体的症状のみならず、性格や行動にも症状が現れます。 消化器:下痢、嘔吐、腹痛、胆のう腫大、麻痺性イレウス、経度の黄疸、血清トランスアミラーゼ値上昇• 重篤な副作用を起こさないため、初回投与時は低速で投与し、徐々に流速を上げていく指示であることがほとんどです。 不完全型でありながら、川崎病という暫定診断が出たときに、できるだけ早くに治療を開始します。

19