拓殖 大学 第 一 高等 学校。 拓殖大学第一高等学校のインタビュー

クラブ活動 明るく元気な校風を反映し、拓大一高はクラブ活動がとても活発で、剣道部・ソフトテニス部・陸上競技部・チアダンス部・演劇部をはじめとする全国・関東レベルの実力を持ったクラブが数多くありそれぞれ活躍している。 オーストラリアの高等学校への1学期間(10週間程度)通学します。

13

3年生では集中して学習を進めます。 1・2年次は基礎力の定着に主眼をおき、2・3年次は実践力・応用力を養います。

そのため英語はネイティブの先生による授業が実施されています。 2年次から文系・理系に分かれて進路別の学習を行います。

14

英語に関しては、「グローバルな視野を持って行動できる真の国際人に」というコンセプトで、コミュニケーション能力の向上を図っています。 その理念に沿って、本校では修学旅行を海外で実施しています。

12

普通科では特進コースも設置して、大学進学の今まで以上のサポートを意識しながら学力向上を目指しています。

16

夏期授業 1学期の授業内容を深めたり、進度を進める。 現代文では100字 の記述添削などを通じて記述力を養成していて、地歴 科目においては、朝のHRや授業内でこまめに小テストを 実施し、国公立大学2次試験の論述問題の対策にもじっ くり取り組み、先取りで学習していくので、模試で好 成績を収めやすくなっているという。 2年次からは簿記も履修できます。

15

一人一人に細かな進路指導 <理系> 得点につながる答案作成指導 理系科目と英語については2年次のうちに教科書範囲を ほとんど終了し、演習により時間をかけることができ、 模試が実力を試すものというよりも、今まで学習した内容 の復習という位置づけになっているので、好成績に結びつ きやすくなっている。 塾に通わなくても充分な受験対策ができます。 尊重积极学习和参加社团活动的学生的自主性。

17

大学を探すことを通して、自分の周りの情報を集める、自分で見つけていく力を身につけて欲しいです。 「台湾」または「マレーシア・シンガポール」の2コースから、生徒自身の希望による選択型になっています。

2