備中 高松 城。 備中・高松城【続日本100名城】水攻めの舞台となった備中高松城址と陣跡

7キロの堤防を築き、足守川の水を引き入れ、高松城を湖の孤城にしたのである。 このとき討ち取られた秀吉の兵は426人、対する宗治の兵は97人だったというので、緒戦は秀吉軍の敗北だったようです。

6

備中高松城主の石川久孝が1565年に亡くなったあと、男子がいなかったため、養子の船山城主・須々木某の末子である須々木筑前が、備中・高松城の石川家を継承していたようです。

20

なんと、わずか12日で堤防をつくり上げ、城を水没させました。 公園になっています。 城主ので清水宗治ので首塚や胴塚もあります。

14

この時期に城域も整備されたが、職秀の死後、一国一城令で廃城となったと思われる。

一般観光スポットとして忘れてはならないのが、日本三大稲荷のひとつ最上稲荷(さいじょういなり)。

9

秀吉はここに陣を張り、 高松城を見下ろしていたとされる。 他3人も次々と自害を遂げ、4人の介錯を行った國府市正も自刃した。

家来の長谷川氏らは、また須々木氏から新たに養子を迎えようとしましたが、清水久孝の娘婿である清水宗治は、自ら跡継ぎになろうと考えます。

6

3kmほど離れた備中国賀陽郡足守(現岡山市北区足守)へ先陣として宇喜多勢を送って毛利勢と対峙します。 城を守るのは清水長左衛門尉宗治で、3,000〜5,000余りの兵 が立てこもり、容易には攻め落とせる状況ではなかった。

工事にはやらを動員し、1俵に付き銭100文、米1升という当時としては非常に高額な報酬 を与えた。 宗治蓮も青々と墓前で主を見守っていました。

14