チェンソー マン 63。 チェンソーマン

これまで私の言いつけをよく守ってきましたね、時には厳しく叱ったこともありましたが、全てあなたのためでしたという師匠の言葉に、トーリカは何を言っているのか分からない様子。 「彼らは超越者です・・」 「一度も死を経験していない悪魔達・・」 「う・・私達は彼らに敵意を向けられた瞬間死にます」 クァンシの魔人は死を経験していない悪魔・超越者に泣きながら怯えます。 師匠怖すぎ! 一切名前が出てこなかった師匠、何者でしょうか。

18

武器人間達が何故武器人間になったのかそれについては主人公以外は不明です。 それなのに何故武器人間になれたのか最初に考えるのは 単純に強くなりたかったからなど考えられます。 師匠はトーリカの仕事を褒めるが、そんな場合ではないと急ぐトーリカ。

2

このデパートにいるすべての生物を地獄へ招いてください」と口から血を流しながらいうサンタクロース。 登場するやいなや、 やたらとトーリカを褒めてくれる師匠。

地獄から出るのが目的となってくるだろうけど、永遠の悪魔の時よりも大変な戦いになってくるのは間違いないだろうな〜。

5

とにかくこの戦いはこれにて一件落着となった。 同じくデパートにいたクァンシやトーリカ、呪いの悪魔で死んでしまったデンジも地獄に送られていました。

15

デンジは、直前に死亡してるはずですが トーリカとともに転移しているので、 チェンソーの心臓が有る限りは死なないのでしょうか。 しかしそこで早川は 愕然としてしまうような未来を見てしまいます。

トーリカを今まで育ててきたのは精巧な人形にするため トーリカを人形にする師匠 サンタ出た サンタの黒幕が別にいた 吉田は結局クァンシに破れ、岸辺と三男と同様に外に投げられるが、蛸の悪魔で間一髪助かる ここからが超展開 目を覚ましたアキ天使と日下部、玉置 アキが、なんだこの未来はと驚く ドイツのサンタにバイバイおじいちゃんと別れを告げる師匠 サンタは自分の胸に剣化した腕を刺す サンタ「自分の心臓と愛する子供達をさ捧げます」 サンタ「その代わりに地獄の悪魔よ」「デパートにいる全て生物を地獄へ招いて下さい」 デパートの上の空から巨大な手が現れ、全員を地獄へ召還する 次号へ 第63話 地獄旅行 師匠「やりましたねトーリカ」 師匠「もうあなたは立派なデビルハンターです」 トーリカ「師匠…お話は後ですコイツを早く運びましょう」 トーリカ「師匠…?」 師匠「その死体を運ぶ必要はありません」 師匠「これまで私の言い付けをよく守ってくれましたね」 師匠「時には叱ったこともありましたが全てトーリカの為でした」 トーリカ「何を言って…」 師匠「これでトーリカも家族です」 師匠「精巧な人形を作るコツを教えます」 トーリカに近づく師匠と照れるトーリカ 師匠「人形にする人間に」 師匠「人間しか持たない感情を入れること」 照れながらも焦るトーリカ 師匠「敬愛」「崇拝」「哀憐」 師匠「そして隠し味に罪悪感」 右肩に触れられ人形にされるトーリカ 師匠「完成」 目が覚めるアキ 吉田「ちょ待っ」 外に投げられる吉田 吉田「蛸!」 間一髪助かる吉田 クァンシ「次はお前らか」 構えるアキ天使日下部玉置 玉置「化け物が」 急に焦るアキ アキ「なんだこの…未来は…」 師匠「バイバイおじいちゃん」 サンタは手を降り、自分の胸に剣化した腕を刺す サンタ「わ…たしの心臓…ど」 サンタ「愛するぅ子供たちを…捧げ…まず」 サンタ「ぞの代わりに…地獄の悪魔よ」 サンタ「このデパートにいる全ての生物を地獄へ招いて下さい」 サンタの回想?で仲良く4人で食事をする子供たち 内3人の顔が謎指で隠れる 天使「暗っ」 パワー「なんじゃなんじゃ」 暴力「なんだこりゃ~」 コベニ「え…?え…?」 岸辺「んだこれ」 三男「はは…ははは…」 師匠「行ってらっしゃいトーリカ」 空から巨大な手が現れコベニたちが地獄へ召還される 次号へ CHAIN SAW MAN 63 NETABARE Categories• しかもこの描かれ方が物凄くセンスがあって恐ろしいのです。 師匠は静かに 「完成」とつぶやきます。 急ぐ必要はないという師匠は、トーリカに触れ、 トーリカを媒介に(生贄に捧げ?)ドイツのサンタクロースを人形にしてしまう。

10

名前を呼ばれていないので見ためで呼んでいきます 槍の悪魔 特徴• 姫野先輩もレゼも死んじゃったし・・・・ しかし一気に物凄く不穏な展開になっちゃいましたし、 地獄でどんな戦いが繰り広げられるのか楽しみですね。 「・・あ!ああ~!!終わっちゃった!」 「終わった!終わった!来た!来ちゃった!あ・・」 「来る・・闇の悪魔・・」 すると、地獄の空間を覆っている扉の一つが開き、黒い液体の塊らしきものが落下してきました。 対峙する静寂を破るかのように、どこかでカエルが「ゲコ」と鳴きます。

3

そこで師匠は 「バイバイおじいちゃん」と入り口にいるドイツのサンタクロースへ声をかけます。 だと思われていた老人は実はトーリカの師匠に操られていた人形に過ぎなかった。 闇の悪魔の肉片を口にする師匠 ドイツのサンタクロースと呼ばれていた老人が仕事を頼まれたシーンの�. そのコツというのが、 人形にする人間に、人間しか持たない感情を入れる事 敬愛、崇拝、哀憐、そして隠し味の罪悪感なのだと。