エタノール と アルコール の ちがい。 エタノールの種類や違いは何!?どれを買えばいいの?サクッと紹介!

妻木貴雄, 臼井豊和, 「」『化学と教育』 42巻 1号 1994年 p. お酒で消毒は可能?アルコール濃度と消毒効果について 消毒用のエタノールと飲用のアルコールの違いについては分かりました。 C 27• では、「エタノール」とは何なのでしょうか? アルコールにはたくさんの種類があることは上でお話ししましたが、ここから詳しくご紹介していきますね。

2

同第七条、第九条• になると、クリーンエア・アクト(大気浄化法)にもとづき、エタノール混合に優遇措置がなされた。 それは、うしろに「~オール」を付けるというものです。

15

前者の方は医療用ではないかと思いました。

2

したがって、メタノールの摂取量にもよるものの、メタノールとその代謝産物の排泄が終わるまでエタノールを一定量ずつ摂取し続ける必要が出てくる。 エタノールとアルコールは別物であり同じものでもありますので、正しく覚えておきましょう。

20

C 20• 純粋なメタノールだと30g~100gほどが致死量になります。 なお、製造業者や輸入業者は省令で定められた加算額を含む価格で工業用アルコールを販売することができ、これを特定アルコール という。 調査した店では、「無水エタノール」と「消毒用エタノールやIP」の差は、なんと500~600円でした! 価格の面からいっても、「消毒用エタノールやIP」はおススメです。

詳細は「」を参照 原料 [ ] 工業的に生産されるエタノールの原料は、主に質とデンプン質のものに大別される。 これは精密機械など、水に触れるとよくないものの洗浄に使われます。

11

食品添加物 [ ] としてに用いられる。 100倍に薄められてオトクというような事は無いですし、値段も高いので今のところこれを買う理由は無いのですが。

8