インターハイ カヌー 2019。 カヌー部

夏場の練習は、水上で腰や脚、腕などの動かし方のレベルアップを図り、冬場はランニングやエルゴメーターを使った基礎体力づくりをする。 「風や自然を身近に感じられるのがカヌーの楽しさ」と話す小林さん(大津市雄琴5丁目の琵琶湖岸) カヌー女子カヤックの昨年の中学チャンピオン、大津高1年小林陽菜さん(15)=滋賀県近江八幡市安土町=が4月、日本オリンピック委員会から本年度のオリンピック有望選手に認定された。

19

「練習できる時間が増えたと思って、この間にもっと強くなって来年の試合でいい結果を出せるように頑張りたい」。

20

そして、U23の世界大会の代表にも選ばれたいです。 吉岡:僕も大学への進学を考えています。

1

いろいろな人と関わって、初めて会った人にも気さくに接していたり、その「人間力」にも憧れています。

10

吉岡:現状の課題は、スタートで出したスピードを維持できないこと。 4 全国高等学校選抜卓球大会の開催要項と参加申込書がアップされました 2019. 平成29年の大会はこれですべて終了しました。 【インターハイ会場内における無断撮影・録画および無断録音を禁止しています】 ただし、体操(体操競技、新体操)及び水泳(水球、飛込)を除いては,個人的な利用が目的で、インターネット等で配信するなど第三者に公開することがない場合には許可します。

19

彼のように、中盤で艇速を伸ばすことができる選手になりたいと思っています。 できないことは自宅で練習し、何をしたらいいか自分で考えている。