夜 永 唄 歌詞。 夜永唄 歌詞『神はサイコロを振らない』

どうして 心 こころごと 奪 うばわれてでもまだ 冷 つめたいあなたを 抱 だき 寄 よせたいよ 金木犀 きんもくせいの 香 かおりが 薄 うすれてゆくように 秋 あきが 終 おわり 消 きえていったあなた こうして 心 こころごと 閉 とじ 込 こめて あなたが 弱 よわり 切 きった 僕 ぼくから 離 はなれないように 沈黙 ちんもくさえも 二人 ふたりを 繋 つなぎ 止 とめていた 時 ときを 止 とめてこのまま あなたに 逢 あえば 二人 ふたりはもう 友達 ともだちに 戻 もどれないと 分 わかっていた 瞳 ひとみに 映 うつる 全 すべてを 幻 まぼろしにして 夢 ゆめの 中漂 なかただよいながら 分 わかっていたんだ 独 ひとりよがりの 愛 あいと こうして 心 こころごと 閉 とじ 込 こめて あなたが 弱 よわり 切 きった 僕 ぼくから 離 はなれていかないように 沈黙 ちんもくさえも 二人 ふたりを 繋 つなぎ 止 とめていた 時 ときを 止 とめてこのまま 溶 とけ 合 あう この 目 めや 耳 みみや 鼻 はなや 口 くちや 身体中 からだじゅうの 五感 ごかん 全 すべてはあなたの 為 ためにあるように 独 ひとり 善 よがりの 口 くちづけを 朝 あさまでした 事 ことを 今 いまでもまだ 痛 いたいほど 鮮明 せんめいに 覚 おぼえてる 花 はなびらに 似 にた 指先 ゆびさきを 静 しずかに 撫 なでながら 過 すごした 夜 よるが また 繰 くり 返 かえされてゆく 何度願 なんどねがっても 触 ふれる 事 ことさえ 叶 かなわない 枯 かれ 果 はてたはずの 涙 なみだがまた 零 こぼれて どうして doushite 心 kokoro ごと goto 奪 uba われてでもまだ waretedemomada 冷 tsume たいあなたを taianatawo 抱 da き ki 寄 yo せたいよ setaiyo 金木犀 kinmokusei の no 香 kao りが riga 薄 usu れてゆくように reteyukuyouni 秋 aki が ga 終 o わり wari 消 ki えていったあなた eteittaanata こうして koushite 心 kokoro ごと goto 閉 to じ ji 込 ko めて mete あなたが anataga 弱 yowa り ri 切 ki った tta 僕 boku から kara 離 hana れないように renaiyouni 沈黙 chinmoku さえも saemo 二人 futari を wo 繋 tsuna ぎ gi 止 to めていた meteita 時 toki を wo 止 to めてこのまま metekonomama あなたに anatani 逢 a えば eba 二人 futari はもう hamou 友達 tomodachi に ni 戻 modo れないと renaito 分 wa かっていた katteita 瞳 hitomi に ni 映 utsu る ru 全 sube てを tewo 幻 maboroshi にして nishite 夢 yume の no 中漂 nakatadayo いながら inagara 分 wa かっていたんだ katteitanda 独 hito りよがりの riyogarino 愛 ai と to こうして koushite 心 kokoro ごと goto 閉 to じ ji 込 ko めて mete あなたが anataga 弱 yowa り ri 切 ki った tta 僕 boku から kara 離 hana れていかないように reteikanaiyouni 沈黙 chinmoku さえも saemo 二人 futari を wo 繋 tsuna ぎ gi 止 to めていた meteita 時 toki を wo 止 to めてこのまま metekonomama 溶 to け ke 合 a う u この kono 目 me や ya 耳 mimi や ya 鼻 hana や ya 口 kuchi や ya 身体中 karadajuu の no 五感 gokan 全 sube てはあなたの tehaanatano 為 tame にあるように niaruyouni 独 hito り ri 善 yo がりの garino 口 kuchi づけを dukewo 朝 asa までした madeshita 事 koto を wo 今 ima でもまだ demomada 痛 ita いほど ihodo 鮮明 senmei に ni 覚 obo えてる eteru 花 hana びらに birani 似 ni た ta 指先 yubisaki を wo 静 shizu かに kani 撫 na でながら denagara 過 su ごした goshita 夜 yoru が ga また mata 繰 ku り ri 返 kae されてゆく sareteyuku 何度願 nandonega っても ttemo 触 fu れる reru 事 koto さえ sae 叶 kana わない wanai 枯 ka れ re 果 ha てたはずの tetahazuno 涙 namida がまた gamata 零 kobo れて rete. YouTubeで公開されているオフィシャル・リリック・ビデオは90万回再生超を記録、100万回再生超えも目前の勢いでその回数を増やしている。 金木犀は「夏の終わり」や「子供時代の終わり」など、一つの時代の「終わり」を思わせる花なのでしょう。 それは、時間を巻き戻す音のようにも聴こえてきます。

10

遡った時間の先に見えてきたのは、愛した人の美しい姿。 どうして心ごと奪われてでもまだ 冷たいあなたを抱き寄せたいよ 金木犀の香りが薄れてゆくように 秋が終わり消えていったあなた こうして心ごと閉じ込めて あなたが弱り切った僕から離れないように 沈黙さえも二人を繋ぎ止めていた 時を止めてこのまま あなたに逢えば二人はもう 友達に戻れないと分かっていた 瞳に映る全てを幻にして 夢の中漂いながら分かっていたんだ 独りよがりの愛と こうして心ごと閉じ込めて あなたが弱り切った僕から離れていかないように 沈黙さえも二人を繋ぎ止めていた 時を止めてこのまま溶け合う この目や耳や鼻や口や身体中の五感 全てはあなたの為にあるように 独り善がりの口づけを朝までした事を 今でもまだ痛いほど鮮明に覚えてる 花びらに似た指先を 静かに撫でながら過ごした夜が また繰り返されてゆく 何度願っても触れる事さえ叶わない 枯れ果てたはずの涙がまた零れて どうして心ごと奪われてでもまだ 冷たいあなたを抱き寄せたいよ 金木犀の香りが薄れてゆくように 秋が終わり消えていったあなた doushite kokorogoto ubawarete demo mada Tsumetai anata wo dakiyosetai yo Kinmokusei no kaori ga usurete yuku you ni Aki ga owari kiete itta anata koushite kokorogoto tojikomete Anata ga yowarikitta boku kara hanarenai you ni Chinmoku sae mo futari wo tsunagitometeita Toki wo tomete kono mama anata ni aeba futari wa mou Tomodachi ni modorenai to wakatteita Hitomi ni utsuru subete wo maboroshi ni shite Yume no naka tadayoi nagara wakatteitan da Hitori yogari no ai to koushite kokorogoto tojikomete Anata ga yowarikitta boku kara hanarete ikanai you ni Chinmoku sae mo futari wo tsunagitometeita Toki wo tomete kono mama tokeau kono me ya mimi ya hana ya kuchi ya karadajuu no gokan Subete wa anata no tame ni aru you ni Hitori yogari no kuchizuke wo asa made shita koto wo Ima demo mada itai hodo senmei ni oboeteru hanabira ni nita yubisaki wo Shizuka ni nade nagara sugoshita yoru ga Mata kurikaesarete yuku Nando negattemo fureru koto sae kanawanai Karehateta hazu no namida ga mata koborete doushite kokorogoto ubawarete demo mada Tsumetai anata wo dakiyosetai yo Kinmokusei no kaori ga usurete yuku you ni Aki ga owari kiete itta anata. TEXT 岡倉綾子. 特に若者世代に人気のTikTokに、この曲をBGMにした切ない恋物語やギターの弾き語り動画の投稿が急増しました。

ミディアム・テンポに乗せて歌われる、失った恋人の面影をいつくしむ切ない歌詞。 例えば、2011年に東日本大震災が発生した直後、ラジオでのオンエアを発端にGLAYの「生きてく強さ」が人気再燃する現象が起きた。

6

そこに共感が生まれるからこそ、15年結成の福岡出身の4人組ロック・バンドは、こうしてめきめきと頭角を現してきた。

18

ナスタチウムの花言葉は"困難に打ち克つ"。

9

メジャー以降タイアップが増えたが、全曲に自身の偽りない感情を歌に込める、柳田周作(Vo)のブレないソングライティングの姿勢もいい。 この先、中止になった公演が再開されていくことを願いながら、神はサイコロを振らないの活躍に注目していきましょう。

7