護衛艦 い ず も。 いずも型護衛艦の「空母化」で艦首を四角形にする意味(JSF)

加速する中国の海洋進出への対応に加え、ソマリア沖での海賊対処、多国間訓練の増加、イージス艦による弾道ミサイル防衛と多岐にわたり、護衛艦が不足しているという。 このうち、甲型警備艦(1,600トン型; はるかぜ型)は、外洋における船団護衛及び対潜哨戒を主務として、度計画で2隻のみ建造されたが 、艦型に対して諸性能が総花的だったことが反省事項とされ、後に度より量産型国産艦の建造を着手する際には、特徴づけた艦型を考えて数種類の型に分けることが構想されるようになった。

アメリカ海軍ではミサイル駆逐艦に DDGの船体記号を付していたが、海上自衛隊では、当初は国内情勢から誘導弾( Guided missile)のGを用いることを避けて、記号としてはDDGではなく DDCとし 、対空攻撃護衛艦と称した。

豪海軍、米F-35Bに甲板を貸す? 豪海軍キャンベラ級揚陸艦「アデレード」 こうした点を睨んだためか、オーストラリア海軍のキャンベラ級強襲揚陸艦2隻は、F-35B戦闘機の発艦に適した、飛行甲板の前の部分が反り返った「スキージャンプ甲板」を持っている。

1

5倍増えた計算だ。

17

の3番艦。

14

2021年6月23日閲覧。 「くまの」は基準排水量が3900トン、満載排水量が5500トンだが、これは「055型駆逐艦」の約半分に過ぎないという。

8