グラシアル。 わずか1カ月でエース、抑え、主軸まで離脱の異常事態 グラシアル骨折が及ぼす影響|【西日本スポーツ】

ここまで全37試合に出場し打率3割4厘、5本塁打、15打点と押しも押されもせぬ打線のキーマン。 各年度の 太字はリーグ最高• 巨人とのでは、昨年に引き続き第1戦から2試合連続2安打を放ち、第2戦は3回にから2ラン本塁打を放った。 375、3本塁打、7打点の活躍でシリーズMVPを獲得し 、チームの日本シリーズ3連覇に大きく貢献した。

19

767 :9年 635 2628 2217 429 688 106 25 82 1090 404 110 42 15 14 336 54 44 328 55. 代わりにはならないが、代わりになるように頑張ってくれればいい方向に向くと思ってます」。 ただ、五輪出場を目指すキューバ代表にとって戦力でもあり精神的支柱でもある。

来るボールにひたすら向かって打ちにいったって、対処は難しい」と苦言を呈した。

5

初盗塁:2018年5月19日、対6回戦()、5回表に二盗(投手:、 捕手:)• また、反対に髙谷が本塁打を放った際は、髙谷がグラシアルをKOするパフォーマンスを見せる。 屋内練習場に移動すると体幹を鍛えるメニューや腕立て伏せに取り組み、トレーニングの合間に手でゴムボールを握る姿があった。

3

試合も再三のチャンスを作りながら今季2度目の0封負け。 選手としての特徴 [ ] 走攻守3拍子揃った選手。 「ちょっと試合に出ていない。

6

筑後第二球場のフェンス沿いをグラシアルは黙々と走り、汗を流していた。

767 2010- 88 360 322 59 94 10 4 20 172 63 3 4 1 0 31 2 6 58 12. ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(35)が右手薬指の剥離骨折と、右手中指と薬指の靱帯(じんたい)損傷の重傷を負った。

19