剃刀 四 字 熟語。 四字熟語

転じて、人並み外れた能力や経験があること 威風堂々 いふうどうどう 態度や人格が、堂々としていて威厳があること 快刀乱麻 かいとうらんま もつれた糸を勢いよくスパッと断ち切ることから、転じて無理難題を鮮やかに解決すること 訓読:快刀、乱麻を断つ 旭日昇天 きょくじつしょうてん 朝日が勢いよく昇るように、きわめて勢いが強いさま 捲土重来 けんどちょうらい 一度失敗して衰えていた者が、再び勢いを取り戻し、巻き返すこと 獅子奮迅 ししふんじん 獰猛な獅子が暴れように、激しく奮い立って動き回るさま 新進気鋭 しんしんきえい いろいろな分野において新しく現れた、勢いや活気に溢れ、将来性のある人やその様子 震天動地 しんてんどうち 大地を揺るがすぐらい、音や威力が大き�. すべてが、この上なくうまく進んでいることをいう。 全体のまとまりもなければ、筋道も通ってなく、てんでんばらばら、めちゃくちゃなこと。 六十六部 くじゅうろくぶ 日本内地の六十六か国の寺に参拝して一部ずつ経を納めること。

4

(1級) 魯陽之戈 ろようのほこ 戦国時代に、楚の魯陽公が韓と戦って激戦のさなか、日が暮れようとしたとき、彼がほこを上げて日を招くと日は三舎(九十里。

20

炉辺談話 ろへんだんわ 囲炉裏の側でするようなうちとけた話、世間話。 揺れる気持ちを表す• その時その時に応じて、何をしたらいいのか素早く考え、サッとある行動をとること。

13

または、やっても充実感がないこと。

15

まわりが敵ばかりだったり、考え方がちがう人ばかりだったりして、一人ぼっちで、助けてくれる人がだれもいないこと。

14

(1級) 籠鳥恋雲 ろうちょうれんうん 捕らえられている者が自由を望むことのたとえ。 大切な所と、どうでもいい所とを取り違えていることをいう。 自分のした悪いことの報いは、自分で受けなければならないことをいう。

鹿が和らぎ鳴いて野の苹(よもぎ)を食べるさまから、賢人を集めてのなごやかな酒盛りをいう。 一つの石で、同時に二羽の鳥を打ち落とすこと。

3

また、そのために苦しんでいることをいう。 螻蟻潰堤 ろうぎかいてい 取るに足らないような些細なことが大きな問題の原因になることのたとえ。 美人で頭のいい女性をほめる言葉。

一つの国と一つの城を持っていること。 社会との関わりを表す• 他にたよることなく、自分一人だけの力で、自分の信じる道をひたすら歩んでいくこと。 長所もあれば短所もあるということ。

16