ちっちゃな 頃 から 悪 ガキ で。 【変貌していく優等生の成れの果て】『うっせぇわ』の歌詞考察&解釈|こん|note

。 でも、抑えきれない気持ちが、言葉のとなりそうになることがあるのではと思います。

しかし、2番で並べられているのは「仕事」ではなく「飲み会」のルールです。 (画像はお借りしています) とても迫力のある歌声ですが、歌っているAdoさんは、まだ18歳の高校生とのこと。 客観的に見ればちっぽけな存在で、「天才なんかには成れていない」のでしょう。

13

そう、それは普通なんです…。 だから「正しいとは?」「愚かさとは?」という疑問に答えを出すのは死ぬほど難しいもしくは不可能なはずです。 POP STARー アイドルからバンド 楽曲をオリジナル化 に変わる過渡期の曲です。

5

[ひとりごと] 2番で並べられているルールの方が、個人的には「理不尽度が高いルール」だなぁと思います。

9

なんとなーくそういう風潮ありますよね。 私は「優等生」の事を、「先生や親に怒られない普通の人間」だと先程解釈しました。

13

けれど2番では、「わけのわからないルールに辟易」としている様子がわかります。

1