松竹梅 意味。 松竹梅の意味や由来!この順番に意味はあるの?縁起物として使われる理由も紹介

竹・・・真っ直ぐ。 松竹梅がめでたいものの象徴となった由来と関係ないが、植物学的には、松が裸子植物の代表、竹が単子葉類の代表、梅が双子葉類の代表で、「松竹梅」は植物三界の代表が揃っている。

17

また神が宿る木と言われ日本ではお正月に門松として玄関先に飾られるようになったのです。 身近な言葉も調べてみると意外なことがわかって面白いですね。 そして、室町時代の日本でも力強い生命力から「子孫繁栄」の象徴として竹は縁起物になったのです。

10

言葉の響きが美しいうえ、特上を注文するときの気取りや並を注文するときの卑屈さを隠すためだったとされています。

5

まず、歳寒とは寒さ厳しい冬のことをあらわしています。 その桜が咲きほこる前の、まだ寒く春が遠いときに梅は咲きほこります。

「梅」は、苔が生える程の樹齢となっても、早春には他の花より先に気高い香りのするきれいな花が咲くことから、珍重されており、 「気高さや長寿」の象徴と言われてきました。 また、地下茎で繋がり新芽を出すところから「子孫繁栄」の象徴でもあります。 ・「竹」の意味 「竹」も「松」と一緒で冬でも葉は枯れません。

18

甲乙丙丁 こうおつへいてい 古代中国の数詞で時間や空間を表す十干 じっかん:甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸 の上位4つを指し、順番を表すときに用いられます。 その「松竹梅」がなぜお祝いの場で使われたり、料理などのランクづけにつかわれたりするのでしょうか。

2

【松】 平安時代(794~1185)に吉祥の象徴となります。 Aより高性能なBがあるんだから、さらに4,000円多く支払う必要はないと考えてしまうからです。